先日、「積層マルチを見たい。」という方が来られました。
ご自宅の庭がガチガチに固く、何とかならないかと探すうちに、
こちらにたどり着いたとか。

また、積層マルチの作り方は他でも紹介しているが、
その後どうなったか?について知らせる情報が無いとのことで、
「是非現物を見たい!」と、やって来られたという次第です。

そういえば6月末以来、一ヶ月以上も報告をしないでおりました。
ということで、現在の状況をお知らせします。
見てください。この緑の広がりよう。
1緑ぎっしり

今や通路にはみ出し、少々移動しづらくなっております。
それくらい作物の成長が早いです。
たまたま種が入り込んだ雑草も、スクスクと育ってしまっています。

サツマイモなんてちょっと育ち過ぎ?
正直言って、サツマイモを積層マルチに植える必要はなかったですね。
「葉ばかり成長して、芋は小さいかも。」とかみさんは心配しております。
2サツマイモ

絶好調なのが「肥料食い」のトウモロコシ。
とても良い感じで収穫できています。
採りたてを生かじりした時の甘さは、都会の人は知らないでしょうな。
すんごくピュアな甘さなんだから。
3トウモロコシ

他にもいろいろ育っていますが、やはり目立つのは、
かみさんが何故か積層マルチに植えた巨大ヒマワリです。
いよいよ立派な種をつけ始めました。
それにしてもでかい!
4ヒマワリ大輪

そしてなおすごいのが横顔!
5ヒマワリ横から

番外編。積層マルチの外側で、
かみさんの大好きな「スクナカボチャ」の昨年のこぼれ種から大きく育ちました。
きっとかみさんの導きで、途中から積層マルチに仲間入り。
(スクナカボチャについては、こちらで丁寧に紹介されています。)
6外のカボチャ

もう一つ番外編を。
一昨年にこいわさんからいただいた数粒の「ノアズキ」。
昨年はとりあえずスパイラルガーデンで小さく育てましたが、
今年はそのこぼれ種がすごいことになっていて、
スパイラルガーデンを覆い尽くさんばかりの勢いです。
来年は他の場所でしっかりと育てよう。
7ノアズキ

ということで、今年は緑がイキイキとした畑を眺めることができています。
そして今年度はよりしっかりと田畑を整備し、
来春からはしっかりとツアーができる程度にしたいなと狙っています。
毎日猛暑の中、汗だくで作業していますが、
お陰さまでへばることもなく、イキイキと暮らせていることこそが幸せです。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ずっと猛暑が続いています。
「加子母は山里だから、きっと涼しいのでしょう?」
と思っている都会のあなた。それは誤りです。

加子母でも日中は相当暑いです。今年は特に暑く感じます。
それでも夜からは冷えてきて、
朝方は布団が無いと寒く感じるくらいなのが救いですが。

7月13日に田植えを終えた田んぼの方では、
植えた苗が次々に株分けを始めています。
周りの水田と比べるとかなり出遅れ感がありますが、
この夏の間にきっと盛り返してくれることでしょう。
株分かれ
先日U太とお母さんが畦に撒いた大豆も、
無事鳥に食われずに出てきました。
枝豆を食べられる時がいつやって来るかな?
とても楽しみです。
大豆

さて田んぼを一望すると、
枯れ草マルチのお陰でそれほど雑草は出ていないように見えます。
田んぼ

でもよく見ると、実はぼちぼちと草が出始めています。
そしてその草たちは結構パワフルです。
というのも、もともとものすごい背丈まで伸びた草の上を刈っただけなので、
根はしっかりと大きく育っているのです。

昨日はその草たちを取り除く作業に精を出しました。
田植えの時とは違い、水が張られているので、ずっと中腰の作業です。
これは相当きついです。
お陰で腰がパンパンになってしまいました。

昔、「お百姓さんが八十八の手間をかけるから『米』と書く。」
と教えられました。
今やかなり機械化されているので、それほどの手間ではないでしょうが、
今回のような作業をすると、まさに上の言葉が身体に沁みます。

午前中、ゼーゼーいいながらとりあえず終了して、
水シャワーを浴び、しばし休息。
午後からは畑周りの草刈りをしました。

今年は家にいる時間が長くなったので、例年よりは草刈りのペースは良いです。
でも草刈りをやればやるほど、
「あそこもやろう。あちらもやらねば。」と気づく点が多々現われます。

今年は、いや今年こそは、借りている畑全体の草刈りを完了したいものです。
全体で4反弱(1200坪)ほどあるので、
最後までいったらまた始めからやることになる、
「ネバー・エンディング・ストーリー」なのでしょうが・・・

それでも今までは最後までやったことがないので、
ある箇所はジャングル化しています。
「土地全体をメンテする!」
今年後半の大きなテーマになりそうです。

実は心密かに、
「一日中、こうやって田や畑や山の管理をしながら過すことで、
生きていけたらいいだろうなぁ。」と願っています。
もう少し正確に書くと、土地の管理をするというよりも、
土地の「デザイン」をするのが好きなんだと思います。

現実には「家族を食わせていかねばならない」面があるので、
悠長なことを言っている場合ではないのですが、
少しずつ願いを叶えながら生きていきたいものです。
きっとこれまた「ネバー・エンディング・ストーリー」なのでしょう。
そしてそれは「終わりのない喜び」の時なのだとも捉えています。
今日もまた畑に出ます。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
2008.07.19 初夏の風景
昨日ようやく雨が降りましたが、
ここ数日の猛暑はまるで真夏のようでしたね。

私は彦根や名古屋辺りを移動していたので、そりゃもう大変な暑さでした。
「加子母の涼しい夏」に慣れている身に、かなりこたえました。

しかも我が「よきかな号」はエアコンがききません!
加子母で走っている時はエアコンをつけないので、
そんなことも知りませんでした。
車が走っている間はまだましですが、渋滞中などはまるでサウナ状態!
思い出すだけで再び汗が出てきそうです。

冒頭に「加子母の涼しい夏」と書きましたが、
その加子母でも昼間はかなりの暑さです。聞くと年々暑くなってきたとか。
それでも夕刻からは空気が冷えてくるので、
ようやく呼吸ができるようになります。
それだけでもこの地に越してきて良かったと思えます。

さて、以前かみさんから指示を受けて買ってきた朝顔の種が順調に育ち、
店の前で青い花をつけました。
とても爽やかで、特に横顔ははかなげです。
1朝顔横顔

すだれを掛けると、まさに夏景色となりました。
2店の前

とても絵になりますねぇ。
3すだれと朝顔

ズームインしてみましょう。
青い色が鮮やかです。心が洗われそうです。
4ズームイン

ちょっとずらすと、絵葉書のようでしょ?
5絵葉書風

などと惜しむかのように何枚も写真を撮っております。

そしてもう一つの風景をご紹介。
今年もやってきました!「烏骨鶏カボチャ」
我が家でいろいろとパーマカルチャーを試していますが、
これほど端的で伝わりやすい事例はないのではないかと思います。

烏骨鶏の糞でカボチャが育ち、鳥小屋に陰を作って烏骨鶏を涼ませ、
最後に大きな実を成して去る。
素晴らしい!
その烏骨鶏カボチャの若芽がまた出てきてくれたのです。
(小屋の奥では、片足のウッピーが卵を抱いています。)
6烏骨鶏カボチャ

この株は私が植えたものではありません。
私は若芽が烏骨鶏たちに食べられることを恐れて、
小屋の外に苗を移したのですが、それらはあまり育たず、
結局小屋のど真ん中に堂々と芽を出したやつが壁に到達し、
今やズンズンと成長しております。

それにしても不思議なのは、烏骨鶏たちが若芽に手を、いや口を出さないことです。
昨年もそうでしたが、
何故か実が大きくなる頃には背の届く範囲で葉を食べたしたのですよ。
若芽の頃は、「このカボチャを生かしておくと、いつかは恩返しをしてくれる。」と、
鳥の頭でも分かるのかなぁ。

ともかく今年も我が家の夏の風景が出始めました。
嬉しい限りです。
↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
今年は稲の成長が順調です。
マメに草取りもしていますので、ヒエやアワに邪魔されることなく、すくすくと育っています。
そんな中、唯一成長を許されている草があります。
それはシソです。
1シソこども

きっとこぼれ種から出たのでしょうね。
割とたくさん出ています。
この小さな苗がうまく育つと大量のシソ(大葉)が手に入るわけですから、
慎重に扱います。

実は結構前から上のような若芽が出ていたので、マメに移植しています。
無事に根付くとこんな感じに。かわいいですね。
2シソ育つ

石垣前の花壇に、かみさんに内緒で移殖したやつも順調に育ってきました。
花に囲まれて、ちょっと面白い風情でしょ?
3シソ花壇

そしてどこよりも成長が早いのが、かの積層マルチに移殖したシソです。
もう十分に収穫時期に入っています。嬉しいですねぇ。
この調子だと、今年、シソは十分に手に入りそうです。
4シソ積層マルチで

この積層マルチ、最初に作った方はかなり良い感じになってきました。
5積層マルチだ一段その後

第二弾はまだ苗を植え切っていないので、まばらです。
でもこちらは少しずつ落ち葉を加えて成熟させるつもりなので慌てません。
6積層マルチ第二弾その後

むしろ盛り上がってきたのは、「新たな積層マルチづくり」気分です。
というのも、ほったらかしにしていた端材を整理したら、
積層マルチの枠に使えそうな材がたくさん出てきたのです。
その数ざっと70本。
7乾かす

一つの積層マルチに使う材は10本ですので、7つ分あるという訳です。
ということで、やおら「積層マルチ作りたいモード」が入った私。
「どこかに作る場所はない?」とかみさんを促しております。
これから作る分は来年以降に使用するようなものでしょうが、
俄然その気になってきたこの頃です。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
以前作った「積層マルチ」の第二弾について、
その完成画像はわらべ村イベントの準備話の時にちらっと載せましたが、
過程を紹介していなかったですね。

第一弾の時は、「ともかく早く作って苗を植えなければ」
という気持ちがあったので大急ぎで作ったのですが、
第二弾の方は、空いた時間を使ってちまちまと作っていたので、
完成時期が遅れました。

ベッドの作り方は変わりないですが、第一弾の時よりは丁寧に作りました。
今回は三つのベッドとも、ほぼ同じサイズです。
長さは第一弾よりも少し長くなりました。
1棒を立てる

変えたのは積層の内容です。
一つのベッドだけ、炭を敷いてみました。
これはこの家にもともとあった、細かい炭です。
「消し炭」と呼ばれるものなのでしょうね。
2炭を入れる

隣のベッドと比べると違いは一目瞭然。
3比べると

ただし、今回の積層マルチは、実は未完成のままです。
というのも、貯めていた落ち葉の多くを第一弾に使ってしまったので、
今回は落ち葉の層が薄いのです。
そこで前回も紹介した、『竹一本の物語』から出た葉を敷きました。
4葉はマルチに

これらはどんどん枯れ、こんな感じに。
でもまだ枯葉が少ないです。
これからぼちぼち集めては足していくことにします。
5笹乾く

ところで、第一弾の方は、かみさんが植えた苗が着実に育っています。
6積層マルチ第一弾

ブロッコリーなんてこんなに立派に育ちました。
7ブロッコリー

どれだけ調子が良いかというと、
同じ時期に、外の畑に植えたのが、まだこんなに小さいことから分かります。
でもこれって、こちらの畑の方が「かなり土が悪い」ってこと?
8ブロッコリー小

いずれにせよ、積層マルチのおかげで、
一人前の野菜が手に入る目鼻がつきました。
そして第二弾も稼動し始めると・・・
期待は膨らむ一方です。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ