最近になって、お金に対する捉え方と接し方が変わりました。

昨年春に、島本了愛さんによる、
お金に関しての講習会を受けた時には、
頭では分かったつもりでいたけれど、
まだ腹(心)に落とし込んでいませんでした。

それが最近になってようやく腑に落ちてきたというのかな、
「なぁんだ。そういうことだったのか!」という感覚です。

その話を進める前に、少し過去にさかのぼります。

☆☆☆
私は大阪で、商売人の子供として生まれました。
このフレーズだけで、
いかにも「儲けてなんぼ」の世界に育った感がありますね。

しかも学校を出て上京して、経営コンサルティング会社に就職しました。
そこで真っ先に教え込まれたのが、「マーケティング」です。

当時、マーケティングと言えば、その後に必ずついてくる言葉が「戦略」でした。
マーケティング=企業戦略だったのです。
続く言葉として、「競争戦略」「差別化戦略」「販売戦略」「製品戦略」「情報戦略」・・・
なんでもかんでも「戦略」です。

これらをとっても簡単にまとめると、
「何よりも自分(自社)が他人(他社)より抜きん出て、戦いに勝ち、
利益を上げ続けることが、成功である。」という理屈です。
私はその世界にどっぷり浸かっていました。
そしてそれを指導する立場にいました。

そんな私が、その後の紆余曲折を経て、かみさんと出逢い、
山里で【もりのいえ】を始めました。

【もりのいえ】として初めてお店を開いた当初、こんなエピソードがありました。

私が帰宅すると、かみさんが嬉しそうに報告してくれました。
かみさん「今日は沢山のお客さんが来てくれてね、1万円も売上げがあったよ!」
私「それは良かったね~。それでどれだけの儲けが出たの?」
かみさん「・・・どういうこと?」

私「だから1万円の売上げのうち、儲けはなんぼだったの?」
かみさん「言ってる意味が分かんないよ。
 1万円が手に入ったから1万円の儲けじゃないの?」
私「そうじゃないよ。1万円分の商品を仕入れるのにお金がかかっただろ?
 仕入れ値が例えば7,000円だったら、10,000円-7,000円=3,000円が利益で、
 それが儲けでしょ?

かみさん「よく分かんないよ。仕入れる時にはお金が出ていって悲しいけれど、
お金が入ると儲かって嬉しいよ。」
私「・・・だからね!利益が出ないと、うちはやっていけないんだよ!」
・・・

その当時、私は自分が絶対に正しいと信じ、
「どうしてこんな簡単な理屈が分からないのだろう?」
と不思議に感じていました。

そしてこんな会話をしていた当時は、
私たちは本当にカツカツの暮らしをしていました。
それを私は、「うちは利益体質になっていないからであって、
それを変えなきゃダメだ!」と心していました。
でも事態はなかなか好転しませんでした。

☆☆☆
それが、上に挙げた「お金の講習会」を受けたり、
様々な素敵な人々との出会いや、
素晴らしい出来事や書籍との巡り合わせなどを通して、
少しずつ実践と学びを重ねていき、
最近になってようやく腑に落ちてきたのです。

つまりは、
お金は愛や感謝を伝える触媒(メッセンジャー)のようなものなのだと。
そして、私たちがお金を扱う時、
それによってお金が「幸せの軌道」に乗るかどうかで、
幸せの度合い、つまり愛や感謝の広がり方が異なってくるのです。

だから、お金を汚らわしいものだと捉えていると、お金は寄り添ってこないし、
お金を自分だけでがめて(留めて)いると、
お金は「幸せの軌道」から外れてしまいます。

一方、お金のやりとりを「愛や感謝の行為」だと捉えると、
お金は「幸せの軌道」に乗り、
お金も幸せも、私を介して巡るのです。

これについて、事例を挙げて解説します。

私たちがお付き合いしている問屋さんには、
「一度の取引を、5万円以上」とされているところがあります。
だから油一本買いたくても、5万円分以上の発注をせねばならないのです。

この5万円の支払いをする時に、ずっと私は胃の痛い思いをしてきました。
まるで5万円の損をしたかのようにね。

そして、「早くこれを完売して、7万円の現金にしよう。
そうすれば、7万円―5万円=2万円の儲けが出る。」と考えていました。
これは冒頭に挙げた会話と同じ発想ですね。

それが今では次のように変わりました。
「私たちが気に入っているこの商品を、
定価ではなく卸値で5万円分も買わせていただけるなんて、
何とありがたいことか!
しかもその5万円でこの問屋さんが潤い、
ひいては社員さんの給料の一部となり、そのご家族の暮らしが豊かになるのだ。
5万円を支払わせてくれてありがとう!」

また、こう続きます。
「これらの商品を完売できて、7万円の売り上げが立った!
おかげさまで7万円の現金が手元にできたよ!ありがとう!
しかもこの商品を手にしたお客さんは、とてもよろこんでくれているよ。
こんなにありがたいことはないね!」

そして、こういう計算になります。
支払えた5万円分のありがとう+手にした7万円分のありがとう
=合計12万円分のありがとうを手にすることができたよ!

もう少し突っ込んで計算すると、
「支払う時に、私もニコニコ、業者さんもニコニコで、5×2=10万円分の幸せ。
売り上げた時、私もお客さんもニコニコで、7×2=14万円分の幸せ。
つまり、私たちが5万円を手放したことで、
合計24万円分の幸せの行き来があったよ!」

☆☆☆
ここで改めて整理します。
①昔の私は、「7-5=2」の計算をしていて、
 その2で生活をやりくりしようとして四苦八苦していた。

②かみさんは、5は別(過去)の出来事としてあっちにやり、
 7で生活しようとしていた。

③そして今、私は、「(5+7)×2=24」の幸せのやりとりをして、
 実際に幸せに過ごしている。

この違いって大きいと思いませんか?
冒頭のエピソードでも、
実は当時はかみさんの方が私より心豊かなのでありました。
そしてかみさんは、今の私の心境をきっと理解してくれているでしょう。

こういう視点でお金を捉え始めると、実に明快、愉快になります。
そして面白いことに、この方がお金が巡るのですよ。
そう。お金は「貯める(留める)」ものではなく、「巡る」ものなのです。

ここで敢えて断っておきますが、
私たちが今や大金持ちになったという意味ではありません。
お金の捉え方を変えたことで、
暮らしがとても心豊かなものになれるだけのお金が
実際に巡るようになったという意味です。

☆☆☆
そして、私の身の周りの物事が、よりスムーズに流れ始めます。
例えば最近の話題ではこんな出来事がありました。

今月末の親子合宿を告知したばかりの頃、
ぽつぽつとお申し込みが届く状況をみて、
かみさんがひと言つぶやきました。
「もしこのまま増えてくると寝る場所が無くなってくるから、
テントを揃えるといいかもね。」

それを聞いて私は即答しました。
「それはいい考えだ!ならば申し込みを待たずに、まずテントを買おう!
そうすると、そのテントを利用したい人がこの先もますます増えるよ。」

私たちの暮らしで、テントがないと生きていけない訳ではありません。
テントよりも他にお金を使いたい、あるいは使うべきものがあるかもしれません。
でも、ここでテントを買う事で、沢山の人々がニコニコする姿が、
とても具体的にイメージできたのです。

それは、テントを手にして喜ぶ私たち、
テントを販売できて嬉しい業者さん、
そして、テントに泊まってとっても楽しんでいるお客さんたちです。

私たちの手元に留っているお金を手放すことで「幸せの軌道」に乗り、
その金額の何倍もの幸せが巡るのです。
これは何よりも「買うしかない!」

ということで、あと数日のうちに【もりのいえ】にテントがやってきます。
そしてその前に、親子合宿は、あっと言う間に定員となりました。

☆☆☆
こんな心境になったある日、数日前のことです。
皆で温泉に行きました。
その温泉では、コインロッカーに100円を入れますが、
それは後で返ってくる仕組みです。

その日、私が選んだコインロッカーには、
100円玉が取り出し口に残っていました。
きっと私の前の方が取り忘れたのでしょう。

その100円に私が気づいた時、傍には家族以外に誰もいませんでした。
どうしようかと思案しないうちに、子ども達が風呂場に行こうとしたので、
ともかくその100円をそのまま使わせていただき、風呂に入りました。

そして風呂場から出て来たら、
今度は私の隣のコインロッカー内に、
別の100円玉が置かれていることに気づきました。
つまり、私は一度に200円を見つけたという訳です。

さて、この出来事をどう捉えるか?
以前の私だったら、「ラッキー!今日はいい日だ!」と小喜びし、
「これは過去に私が何か良いことをしたからに違いない。」などと、
自分に都合の良い解釈をして、財布に入れたことでしょう。

今回、私はその200円を受付に持って行きました。
そして受付嬢と相談し、次のようにしました。
「今日、しばらく待って、このお金を取りに来る人がいたら、お返ししてください。
そして誰も取りに来なかったら、
カウンターにある震災義援金のボトルに入れてください。」

これで200円は「幸せの軌道」に乗りました。
どちらに転んでも、誰かがニコニコするのです。
そして私自身も、受付嬢もニコニコしていました。
200円がもし私の財布に入っていたら、幸せの流れが留るところでした。

☆☆☆
お金は、愛や感謝を伝える触媒(メッセンジャー)のようなもの

私たちがお金を使う時、「幸せの軌道」に乗せられるかどうかで、
その後の展開、つまり幸せ度が大きく異なる。

これは本当です。



おかげさまで大好評!
「サンクス・サマーセット」の受け付けは、
近日中に締め切らせていただきます!


お申し込みはこちらへ!
詳しいご説明はこちらへ!
夏のシトラスセット全体



【7月】
7月9・10日:長野県にて「ママサブサミット」に参加!
【もりのいえ】は9日にランチ出店します。

7月16~18日:視力回復合宿7月コースは定員一杯となりました。
次回は9月です。既に数名の方が検討中!

7月23・24日:「Noと言わない親子合宿」は、満席となりました!
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございます。

7月29~31日:地球暦コアスタッフの合宿
*地球暦を推進するスタッフ達の合宿です。
*参加希望者は、こちらのサイトから「チーム地球暦」に参画してください。
 その上で、合宿参加の意志を杉山開知さんにお伝えください。

【8月】
8月6・7日:ウィリアムのマジック合宿
これは相当面白いよ!ためになるよ!
単独の「ウィリアムのマジックショー」も検討してもらいます。

8月8日から二週間の予定で、「宇宙サミット」開催!
【もりのいえ】が是非紹介したい!という方々に
日替わりで(あるいはコラボで)来ていただき、セッションしていただきます。
これからどんどん企画を組んで発表していきますね。

8月27・28日:夏の最後の思い出企画
馬瀬の「日本一、音の大きい花火大会」をかぶりつきで見学し、
バーベキューに川遊び、スイカ割りなど、夏の思い出を沢山つくろう!

【9月】
9月3・4日:薬草の会(仮称)
講師:高橋ちずさん

【10月】
中旬頃に開催予定の「東京ベジフェスタ」に出店検討中!

セシリアの企画第二弾も10月下旬に開催調整中!

【11月】
11月12(土)・13(日)第二回“持続可能な”ワークショップ

☆☆☆
ワタシが輝けば、周りが輝きます!そして社会が輝きます。
【もりのいえ】の光の輪に、あなたも入りませんか?


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。