今日はU太の通う加子母小学校の
運動会でした。

加子母は10の地区に分かれていて、
何かと地区毎に集います。

運動会でも、地区毎にテントを張って
家族が見学するのですが、
そのテントを、子どもの保護者が設営します。

今、私の暮らす地区は、3家族です。
ですから今朝は三人の父親が集って、
地区の倉庫からテントを運び出し、
設営しました。

それが来年は、うちの地区の小学生は、
U太一人となります。

ということは・・・・
このブルーテントの設営を、
来年は私一人ですることになるのか!

IMG_1104.jpg

田舎の村の少子化が、
まさに我が身に直面しております。

☆☆☆
さて、気を取り直して
運動会の中身です。

子どもが少ない村ですが、
スクスクと育つ環境が整っているので、
ありがたいですね。

どの種目を見ても、
とても微笑ましかったです。

私がこの運動会で好きなのは、
応援団の応援合戦です。
こちらは、U太が属した赤組の様子です。

<Facebook版>

<Youtube版>

子どもたちが声を張り上げて
応援を繰り広げる姿は、
見ていてウルウルしてきます。

そして目は自然に、自分の子どもに。
いいですねぇ。
全身で声を張り上げています。

P9140023 - バージョン 2

応援合戦では、赤組・白組とも
審査で同点だったらしく、
共に優勝となりました。

種目の方では、赤組が優勝して、
U太は上機嫌。
昨年は種目も応援でも勝てなかったので、
今年は溜飲を下げたことでしょう。

ちょっとポートレート風に一枚。
やっぱり親バカです。

P9140052 - バージョン 2

ところで、これはお昼前に
保護者とともに、
「マイムマイム」を踊っているシーンです。

P9140022.jpg

実は私、これが、大の大の大の
嫌いなのです。

子どもの時から駄目でした。

女の子と手をつなぐのが恥ずかしいと
いうのじゃないのです。

あの世界観が馴染めないといいますか、
メロディといい、
「さぁ、皆さん! 楽しく踊りましょう〜!」
というノリが、どうも合わないのです。
東ティモールのテベや、
アフリカンダンスならいいのにね。

コミュニティを主宰している者が
言うのはおかしいのかもしれませんが、
どうも相性が合わないというか・・・

実はこの辺りに、
私の深層心理があるのかもしれませんが、
今日は掘り下げるのはやめて、
早々に眠ることにします。

明日は明日で、
家族イベント目白押しですので。
ともあれ、無事、運動会が終わり、
良かった良かった。

では、おやすみなさい・・・
加子母は10の区に分かれます。
そして私たちの区は5つの班に分かれ、私は今年の班長です。
我が班は14軒からなります。

うちの班では毎月1,000円を積み立てし、春になると一緒に旅行に行きます。
私がこれまでに参加した旅では、富山・氷見、善光寺、
名古屋港のイタリア村、愛知のどこかで潮干狩り、など。

この旅行が班長としての最後の仕事であり、労いの場でもあります。
そして「何処に行くのか?」というところに班長の人柄が出てきます。

私が班長になる前、我が家では「私の代では、伊賀あたりはどうかな?」
なんて言っていました。
「もくもくファーム」でバイキングを食べたかっただけですけれど。
ところが、いざ班長になると、事情がいろいろ変わってきました。

まず、前年の班長が忙し過ぎて、今年の春に旅行を組めませんでした。
つまり、前年度の積立金がそのまま残っています。
そこで春に皆さんに問いかけました。
「今年も積み立てをして、2倍の資金で豪勢に旅行をしますか?
それとも今年の積み立ては止めて、昨年度の資金で旅をしますか?」

皆さんの回答は後の案でした。
つまり、旅の資金は既に集まったことになります。
これで、いつ旅行に行っても良いことになりました。

次に、かみさんの妊娠が分かりました。来春出産です。
となると、出産直後の春に旅に出るのは厳しいです。

「ならば、今年のうちに行ってしまおうか?」という流れになりました。
その案は受け入れられ、「行き先の案を出せ。」ということになりました。
その時に出された意見は、「旨い魚を食べたい。」ということだけ。

そこで私がバス会社と話し合って出て来たのが、
金沢、知多半島、福井の3案でした。
私個人としては金沢が大好きなのと、
21世紀美術館にまだ行ったことがなかったので、
それとなく金沢案を前に出しながら皆さんに提案したのですが、
今イチ反応がよろしくない。

というのも、これまでに皆さんは散々日帰り旅行をしてきたので、
何処も行ったことがある所ばかりなのです。
これはこの地域に特に言えることなのかどうか分かりませんが、
本当に皆さん旅行好きですからね。

そして、お年寄りが増えてきたことで、
遠出を嫌うような声が多く聞こえてきました。
「朝早うに起きて、長くバスに乗って、夜遅くに戻るのは億劫だ。」と言う訳です。

そこで出てきた案は、「近場で美味しいお昼をいただいて帰る」というお手軽コースです。
そして急浮上したのが、下呂温泉!
本当に近場です。だって車で20分ですからね。

また、長老から教えてもらった「寿司六」という店で、
リッチに会席をいただくことになりました。

今日、留守番をウーファーの千ちゃんに任せ、
家から家族全員で歩いて出掛けました。
予約したバスに集う皆さん。結構早めからお集りです。
お年寄りが多いのでドタキャンを心配しましたが、
無事全員が揃い、これでもう私はひと安心。

やがて店に到着し、楽しい宴が始まりました。
食べたことのない料理ばかりに戸惑いながらも嬉しそうなU太。
1魚料理に嬉しそうなU太

私は子どもの相手をしつつ、一人一人に酌をして回ります。
正直言って料理をじっくり楽しむ余裕はなかったけれど、
かなり良いコースでした。寿司屋なのに飛騨牛も出たしね。
皆さんも満足気です。

そしてお酒の進むこと!
「お年寄りが多い割りには、結構飲まれますね!」
と女将さんが驚いていました。

酒が進むと話も進みます。
あちらこちらでワイワイガヤガヤ。
うちの子ども達も可愛がっていただき、とっても和やかな時が流れました。

私にも皆さんが沢山労ってくださいました。
「よう、加子母の、うちの班に来てくれたなぁ。」
加子母と一口に言っても、数十の班がある訳ですから、
今の班に居るというのは本当にご縁の賜物です。

私「皆さんが温かく迎えて下さるのが本当に嬉しいのです。」
「それはお前だからだぞ。」「そうだ、そうだ。」
本当にありがたいです。思わず目頭が熱くなります。

宴はますますたけなわになり、
「おい、班長!もっと飲め!」コールが起こりました。
「班長なんてな、飲むのが仕事だ!」
「班長なんて、まだ半人前だぞ。『半長』だからな。」

お酒を勧められては、「よし、これで一長だ。」
次々に勧められては、「これで二長だな。」
なんていううちに、「五長」と呼ばれるくらいまで飲みました。
20101204班旅行集合写真

そうこうするうちに、あっと言う間に時が流れました。
相当良い気分になった私は、何とかお勘定を済ませ、
帰りのバスに乗り込みます。

快晴のもと、とても和やかな場で昼間から飲んで、
実に楽しい時を過ごしました。
これで班長としての最後の仕事も早々に終えることができたことになり、
それもまたひと安心。

バスを降りて、帰り道以降のことはあんまり覚えていませんでした。
かみさんから「少し寝たら?」とお許しが出たので、
心置きなく休ませていただきました。
いやぁ、極楽、極楽!

加子母(かしも)

特別に名所旧跡があるわけでなく、特別に風光明媚な訳でもないけれど、
普通に山が綺麗で、水と空気と作物が美味しくて、
日本の伝統的ムラ社会がかろうじて残っていて、
人々がとっても温かくて、みんな笑い皺がすごく沢山あって、
そんな人々に見守られ、支えられながら、
私たちはここで好きなことをして、愛に溢れて暮らしています。
本当にありがたいことです。



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
昨年の運動会は雨で翌日に順延したため、
今回と同じ「ベジタリアンフェスティバル京都」の日程とダブってしまいました。
その結果、親の都合でイベント出店を優先して、
運動会には参加できなかったU太。ごめんね。

その後、保育園での一年を振り返るアルバムを見た時に、
運動会の写真がたくさんあるのに、
U太が写っていないことを不憫に感じたものでした。

今年も土曜日が運動会、日曜がイベントというスケジュール。
「今年こそは参加させてあげたいね。」という親の願いが通じ、
無事晴れてくれました。

ということで、年中ながら初参加の運動会。
U太はいつもながら静かに大いに張り切っておりました。
「ひょうたんとり」種目で、いもむしの真似をして先頭を黙々と進むU太。
両こぶしを握りしめる姿から真剣味が伝わります。
1ひょうたんとり

一方、終始ご機嫌で静かなKAN太。
足元の砂で一人遊びをしてくれるのでとても楽です。
3砂で遊ぶKAN太

一方、「ジンギスカン」を踊る役員。
この役は親を順繰りに回ってくるようですが、近々私もそういう役になるのか?
他人事とは思えない光景です。
2踊る役員

あなたは運動会が楽しみな人でしたか?
私は正直言って嫌でした。
理由は明白。体育系ではないから。

下手っぴという訳ではないけれど、
どれも一番にはなれなかった。
素直にその場を楽しめなかった。
だから「運動会なんて雨で中止になればいいのに。」
と心密かに願う子でありました。

ちなみに、これは私が幼稚園児の時の運動会。
やっぱり一番じゃない。そして喘いでおります。
それにしても、走るのに何故三角帽を被せるのか?
19私の幼稚園運動会

さてU太と言えば、親の血を引いたのか、
さほど楽しみにはしていない様子でした。
聞くところによると、「リレーで抜かれるのが嫌!」だそうです。
やはり私の子です。

それでも我が子が参加する姿を見るのは親として嬉しいもので、
U太の参加する時だけ、身を乗り出してカメラを構えております。
ところで、次の連写を見て、何か気づきませんか?
4リレー1
5リレー2
6リレー3
7リレー4
8リレー5
9リレー6
10リレー7
11リレー8
12リレー9
13リレー10
14リレー11


これはビデオで観ると一目瞭然なのですが、
U太の走り方って、ちょっと違うのです。
腕を上げずに走るのです。
まるで、ひげ親父が走るみたいに。
そのくせ「タタタタタッ」と走るので、見ていて結構面白い。

こんな姿を見かけた時は、
「おいU太、走る時は腕を振るものだぞ!」と指導するものなのだろうか?

私はこれまで、ろくに指導なりしつけをしてきませんでした。
例えば言葉もほとんど教えていません。
それでも周りから教えられてきて、少しずつ読めるようになっています。

「子は育てるものではなく、育つもの」と感じているので、
あまり口を出さないでいるのですが、
その結果、例えば今回のような走り方が身についているとも言えます。
ま、いっか。

あれこれと思案するうちに、
お母さんとU太が一緒に参加する「たつまき」という種目が始まりました。
お腹に福を抱きながら、U太を背負って走るかみさん。ごくろうさん。
15たつまき

さてお昼になりました。
お母さんの美味しい手づくり弁当!
お前達は幸せだよ。もちろん私も。
16お昼

午後の最初は、役員と職員の種目です。
こういう姿を見て、再び「明日は我が身か?」と感じ入る私。
17役員小さなかぶ

U太が3年で卒業した後、KAN太が入園し、
KAN太が年長の年に福が入園します。
つまり、8年間保育園にお世話になる勘定でして、
その間、まるで関係無しとはならないでしょうね。

最後は、U太が一番嫌だと言っていた「たまいれ」。
何故嫌かというと、「なかなか入らないから。」
納得。お前は達成感を求めているのだね。
そういえば私も入れられた試しがありません。
一体、誰が入れるんじゃ?
18玉入れ

とまぁ、あっと言う間に運動会が終了しました。
やっぱりこういう節目のイベントっていいね。
私は当事者だった幼い頃は嫌だったけれど、
子を持つ立場として参加すると、とても良い思い出づくりとなりました。

昼休みや終わった後、U太と手をつないでいると、スキップしていました。
何と言っても、親子が共に過ごすことって最高ですね。
爽やかな気分のまま、いざ京都へ!
行ってきます!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


数日前の出来事ですが、先週末、年に一度の加子母歌舞伎が行なわれました。
加子母に移住してきて5年。
出演する知人の数が年々増えてきて、
歌舞伎を観る楽しみも増えています。

昼食後、到着したばかりの二人のウーファーと共に明治座に到着すると、
中はギッシリの観客でした。
想像した通りのすごい熱気!
扉や窓を締め切り、エアコンもありませんので、
演ずる人も観る側も汗びっしょりです。

「なかよし家族」さんの長女・コウちゃんが登場していました。
中2のコウちゃん、普段からしっかりした子ですが、
今回の役どころはまさに彼女にピッタリのしっかり長女役。
いやいや、落ち着いた堂々たる演技でした。
1加子母歌舞伎2010

加子母に一ヶ月滞在して取材していた日経新聞のあだちさんが、
歌舞伎練習中のコウちゃんに取材した時のことを語ってくれました。
「都会に住む同世代と比べて応対がしっかりとしているし、
自分の将来についても明確な考えを持って語る姿に驚きました。
しかも演技が上手い!」

そして最後の演目です。
左側は、今回男女役を使いこなす、はたさん。
彼の本職はデザイナーで、明治座HPのデザインも彼の手によるとか。
「加子母通信」の編集長でもあります。今年は保育園の保護者会長です。
美的センスがあり、動きがキリッとしていて、とてもカッコイイです。
彼はきっとこれからの加子母歌舞伎を引っ張っていくのでしょう。
2加子母歌舞伎2010

舞台をじっと見つめるU太。
お前は歌舞伎に関心あるかい?
やりたかったらやっていいんだよ。
3加子母歌舞伎2010

この演目は、笑いあり、涙ありのとても面白いものでした。
演ずる側は相当苦労したかもしれませんが、
こういう歌舞伎を村人達がやり切れるというのが凄いです。
役者も裏方も、地域で普通に暮らす人々が行なっているのですからね。
4加子母歌舞伎2010

このシーンの直後だったか、KAN太が突然泣き出しました。
大柄のまさきさんが激しい動きを見せた時に、びっくりした様子。
かみさんが抱いて退場して、落ち着いてから戻りましたが、
やはり同じく、まさきさんが急に動いた時に泣き出しました。
やむなく再度退場したかみさん、ご苦労さん。
他の観客の皆さん、お騒がせしました。
5加子母歌舞伎2010

そして登場!
【もりのいえ】によく来てくれる、牛飼いのたかし君です。
彼は昨年、跳んだり跳ねたりと躍動感溢れる動きで拍手喝采を浴びていましたが、
今年も同じ様な役柄でした。
まさにはまり役ですね。今回も大きな拍手を受けていました。
6加子母歌舞伎2010

7加子母歌舞伎2010

8加子母歌舞伎2010

9加子母歌舞伎2010

最後の締めは、主役のはたさん。
身体がぶれず、声も凛として、実に見事!
10加子母歌舞伎2010

11加子母歌舞伎2010

昨年までは子供がすぐ外に出たがったので一部しか観られませんでしたが、
一つの演目を初めて最後まで観ることができました。
挨拶をした役者さんたち。子供がこんなにいたんだね。
12加子母歌舞伎2010

それを温かく見守り、拍手を送る観客。
花道の脇で観ていた私は、演技以外のこの舞台にも嬉しくなりました。
13加子母歌舞伎2010

こういう文化が現役で生きている加子母。
ありがたい土地に移り住んできたものです。

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


1薬師寺
これを見て分かります?
薬師寺であります。
一番右の塔が、東塔であります。
2薬師寺東塔

その先端はこんなデザインをしています。
「水煙」と呼ぶそうです。
3薬師寺東塔水煙1

もう少しアップしてみましょう。(ここまで、いただき画像です。ありがとうございます。)
4薬師寺東塔水煙2

分かりますか?
特に右下。
笛を吹いている人がはっきり見えますね。

この部分を再現したパネルがあります。
このパネルを、私の笛の師匠であるかつしさんがプレゼントしてくれました。
5薬師寺東塔水煙パネル

いきさつはこうです。
彼は若い頃、音楽の世界に自分の居場所を求めていました。
丁度その頃、薬師寺を訪問し、東塔の水煙に笛の奏者が描かれていることを知り、
そのパネルを購入したそうです。
「この先、音楽が身近になるように」との願いを込めて。

その後、彼の願いは叶い、音楽の世界が次々に訪れてきたそうです。
彼の笛の音色は見事です。
その世界観をある意味で導いてきた、このパネル。
それを私にくださると言うのです。

「最近、このパネルを見ていると、masanのところに行くべきだと感じてね。」
ある意味で、このパネルは彼の元での役目を一つ終えたのかもしれません。
それを感じて、かつしさんは惜しげも無く私にこのパネルを私に預けてくれました。

嬉しいですね。
私のレベルはまだまだと自覚していますが、
最近特に笛を友達のように感じるようになっていた矢先ですので、
このタイミングに驚きです。

ありがとう!本当に嬉しいです。
私の元に新たな神がやってきました!
もう一度画像を載せましょう。
5薬師寺東塔水煙パネル

私はつくづく、笛に出逢って良かったなぁと喜びを感じています。
一芸も無い私が、五十を前にして初めて手にした芸ですよ。
その芸の神様がうちにやってきたのです。
本当に嬉しい。

これから先、笛がどのように私の人生を彩ってくれるのか?
そう考えるだけで、もうワクワクしてくる私です。



☆松本英揮発さんのスライドショー(5月18日)は、実はすごいぞ!こちらへ!

○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便