FC2ブログ
宿も無事見つかり、チェックイン。
少し古いビジネスホテルだけど、無線LANが使えるのが嬉しいです。
夕方前に近くの鍼灸師のところに行きました。
出産のツボを教えてもらい、夕方からはホテルの周りを散歩。
夕食済まして戻って、トイレに入ったカミさんが、
「見て見て、ほら。」と見せてくれたのが、血に染まった下着。
ほう、いよいよか。
それにしても、こういうのをてらいもなく見せてくれるのが
うちのカミさんらしいところです。

結婚したばかりの頃、このてらいのなさというか
気取りのなさに感心することがよくありました。
例えば、加子母の土地を見つけて通っていたころ、
よく二人で畑に連れションしました。
夜のポットントイレが怖いというのもあったのでしょうが、
傍から見たら不思議な光景だったでしょうね。

また、妊娠前、生理になると布切れをあて、
付いた血を水を張ったバケツに入れて血抜きし、
その水を畑に撒いておりました。
畑に鉄分を補給するんですと。
自分の血を畑に撒いて作物を育てるってすごいですね。
男はそうできるものではありません。
普段そんなに血出さないから。
感心し、また羨ましくも思った次第。

さて、寝る前にいつものようにマッサージしましたが、
スヤスヤ寝そうな感じ。よしよし。
そして夜中になって、陣痛が始まったかの様子。
私の予想通り、あんまりというかほとんど騒がないので、
「大丈夫?」
「う~ん、何だがお腹が張るような、痛いような。」
という反応ですが、陣痛の間隔が短くなってきたようです。

鍼灸師に教えてもらった、「三陰交」というツボに、
片足30層ずつ灸をしてあげました。
現在朝の3時前。
荷物を片付け、そっとチェックアウトの準備をします。
いよいよかな。
すっごく楽しみです。
スポンサーサイト