FC2ブログ
CIMG0234-2.jpg

加子母に越して間もなくの頃、お隣のタケオさんから
この地域の祭りについていろいろ聞かされていました。
「こんな小さな村だけど、祭の時は結構遠くからも見にくるんだぞ。
 各地区持ち回りで、来年はわしらの地区が担当だ。
 あんたは是非、笛の役をやるといい。」
その頃から漠然と「そうか、来年は笛を吹くのか」
とイメージしていました。

で、先日、今年の祭の時に下見に行ったところ、
確かに笛の奏者が何人かいて、鉾の中で演奏してます。
結構長い間吹いていました。節回しも複雑そう。
しかも楽譜がないときてる。あっても読めんけど。
タケオさんは7月頃から練習するとか言ってたけど、
初めて横笛吹く身としてはもっと早目から練習始めたい。

たまたま今、我が家の畳替えの件で来てもらっている、
N工務店の建築士さんに相談したところ、
「実は私も笛吹きなんですよ。」とのこと。
「じゃぁ、是非教えてください。」とお願いしたら断られました。
まず、まだ教えるほどではないと謙遜されました。
また、地区によって節回しが違うので、
自分の地区の人から学ぶしかないらしい。
「私も2年前から毎週、地区の師匠について練習したんですよ。」
そんな話を聞いたからにゃ、ますます早く始めなきゃ。

今朝、この地区で一番の吹き手だというイチエさん宅を訪ねました。
イチエさん、拭き手が増えたと喜び、ご自身の笛を貸してくれました。
それを持って早速試しますが、
全くの予想通り、うんともすんともいわない。
20分ほどしてようやく一音だけ鳴ったところで今日は終了。
こりゃ道のりは遠いぞ。
でも今から始めればきっとましにはなるはず。これから日課にしよう。
夕闇に包まれる頃、縁台で浴衣か作務衣着て、
横笛ピーヒョロロしたらええんとちゃいます?
いったいいつにそうなるのやらですが、ともかくがんばります。

でもちょっと気になったのが、別れ際のイチエさんの一言。
「正月の獅子舞にもやるんだよ。そいつに出ればええ。」
ちょっと待った!正月なんて全然間に合わないよ。
ともかくその話は聞かなかったことにして、
なが~い目で見て育てていただければと思います。
笛吹童子ならぬ、笛吹老子への長い道の第一歩です。
スポンサーサイト