FC2ブログ
CIMG0281-2.jpg

私はずっとあるものを保管していました。
それは火鉢です。
私の祖父(じい)さんの形見です。
祖父さんが死んだのが確か私が高校入学した時だから、28年前。
形見分けをしている中で、私は祖父さんが愛用していた火鉢に目をつけました。
「僕はこれが欲しい!」
「それは捨てるつもりだったから、やるよ。」といただきました。
でも使う場所がない。

私の住む場所が大阪から関東に移り、
それも木場→駒込→船橋→代々木→田園調布と転々する間、
ずっとそいつは使われることなく、ただそこにありました。
1996年、八ヶ岳に移った時、やっと使えるかと思いきや、
やっぱりログハウスには合わず、
アクリルの板を上に置いたテーブルとして使われるのが関の山でした。

八ヶ岳から丹波篠山に移っても同じ。居場所は無し。
それが今回、居間の畳を替えた部屋でようやく復活しました。
苦節28年、よう耐えたなぁ。よくぞ我慢した。
今日は午後から肌寒くなってきたので、
炭を入れてあげました。
28年ぶりの炎を抱く火鉢です。

この火鉢をいまだに持っていることを先週両親に話したら、
とっても驚いていました。
「とっくに処分されたと思っていたのに。」と親父は感慨深げです。
そして、「是非、底に稲のワラ灰を敷いてくれ。」と頼まれました。
ワラ灰は使うほどにしっくり火鉢に馴染むんですと。
その話が耳に残っていたので、今日使い始める時に思案しました。
ワラを集めて焼くとしても手間がかかります。
そこで思いついたのが、私の隠し財産です。

私は陶芸工房を開いていた時、いずれは自前の釉薬を使いたいと、
地元の農家からもらったワラを焼いた灰を持っていました。
その灰は何度もふるいにかけられ、鉢で擦られ、とても細かいサラサラの灰です。
これから長石と合わせて、即釉薬に使えるという代物を、
いつか使うことがあればと保管していたのです。
今回こいつを火鉢の底に敷くことにしました。
だってこいつの復活にこそふさわしいものじゃないですか。

そのワラ灰、固まって砂岩のようになっていました。
そいつをヘラで砕いて細かい状態に戻します。
そして炭です。
以前いただいた、竹炭を焼いて置きました。
その上にまた竹炭を置くと、パキパキと良い音がします。
28年目の、この火鉢にとって本当に久しぶりの炎の音色です。

しばらくすると、今回の家の修繕をいろいろ助けていただいている
N工務店のKさんがふらっとやってきました。
Kさん、「最近のうちの施主さんで、『薪ストーブはいらない。
 火鉢があれば十分!』という方がおられましたが、本当ですかね?」
さぁ、それは何とも言えません。
とても暖を十分に取れるとは思えないものですから。

でもね、何となく部屋がじんわりと暖かい感じがしますし、
手をかかげると心がジンとあったまるんですね。
あとはやせ我慢だと思いますが・・・。
いずれにせよ、私はこの火鉢の最後の居場所を見つけられたことに大満足です。
これからどれだけ一緒に過ごせるか分からないけど、
こういうモノとの出会いっていいじゃないですか。

28年ぶりの炎
CIMG0284-2.jpg

スポンサーサイト



今回東京・横浜の百貨店を巡り、ある売り場を中心に調査してきました。
売り場の空間演出、店子、商品構成、陳列など。
デジカメで隠し撮りもしますが、これがなかなか難しい。
女性が多い売り場の中でただでさえ目立つのに、
立ち止まっていると店員から変な顔されます。
案の定、ある百貨店では、「関係者の方の撮影はお断りします。」
と叱られました。
これじゃまるでスパイだね。

私はところによってはマーケッターなどと呼ばれることもありますが、
マーケティングの勉強をしたことはないし、知識はかなり虫食いです。
でも思うに、大阪で商売をしていた親父の姿を見ていたことと、
否応なく実地で経験してきたことがつながってきているのかもしれません。
昨日書いた経営コンサルの後に入った会社では、
新規事業を企画する仕事をしていました。

例えば、「たこ焼きのフランチャイズ・チェーンを企画したい。」
と言った時は大阪に派遣され、たこ焼き屋巡りをしていました。
来る日も来る日もたこ焼きばっかり。
朝昼晩たこ焼きばっかり。(ちょっと大げさか)
その中でとても気にいった店が見つかったのでオーナーと直談判し、
意気投合して接待を受け(何故かゲイバーに連れていかれた)、
帰社後の社内会議で事業展開の企画を提案しました。
その時は「時期尚早」と却下されたけど、
最近はよく大型スーパーに入ってますね。
もしあの時の企画が通っていたら、
今頃たこ焼き親父になっていたかもと思うと、
人生いろいろだなと感じ入ります。

さて今回の百貨店巡り、結構面白かったです。
良かったのがそごう横浜店。特に地下の大食品館と10階のダイニングパーク。
空間演出に統一性とゆとりがあり、きっと女性に受けるだろうなと感心。
もっともどの店でもこれくらいのレベルはキープしてほしいなとも思います。
がっかりしたのが三越本店と銀座店。
スペース展開に限りがあるのかもしれませんが、
ごちゃごちゃしていて私には合いませんでした。注意されたし。
混んでいたのが高島屋日本橋店。意外でした。
伊勢丹新宿店はさすが平均以上。でも場所によって良悪の差が多し。
プランタン銀座店は問題外の外。オープンした頃は斬新だったのになぁ。

一つのテーマで切って比較すると新しく気付くことが多いです。
マーケッターなんてカタカナで書くと聞こえはいいけど、
やっていることはとても泥臭いことです。
何一つ買わずに同じ売り場を怪しい男がごちゃごちゃ歩き回って、
売り場の店員さんには大変ご迷惑をお掛けしました。
この場を借りてお礼とお詫びを申し上げます。
誰も読んでないか?

そごう横浜店10階 スモークたいてます
CIMG0384-2.jpg