FC2ブログ
今日はお義母さんが来てくれたので、
今まで育児を助けてくれたお礼も兼ねて外食しました。
行った先は、下呂温泉の料理屋「志むら」。
下呂温泉で一番と言われるお店の料理長が独立して、
山中の古民家を改修し、地元の旬の食材を使って料理してくれる店です。

カミさんの妊娠中に一度行った時、値段に比べてとても満足したので、
今回改めて伺った次第。
店に着くと、奥さんは私達の顔を見てすぐに思い出してくれました。
最近、私はすぐに顔を覚えてもらえます。顔というか、頭というか。
坊主頭で、普段は作務衣でいるので印象が強い様です。
坊主頭で、スーツ姿でいる時もすぐに覚えてもらえます。

店は古民家を改造と言っても、ほとんど新築したんじゃないかというくらい綺麗です。
前回は一人3150円でしたが、今回は思い切って4200円コースをお願いしました。
お店の了解を取っていないので、あまり詳しい紹介はしませんが、
どれも美味しくいただきました。
どれもキノコと魚と飛騨牛をふんだんに使った料理は納得です。
面白いのは鯛と飛騨牛の刺身。一皿に盛り付ける発想が斬新です。
また今頃は丸々と太った落ち鮎が美味しい季節です。
皿数も多く、今回もとても満足しました。
グルメのお義母さんも「今度友達を連れてくる」と言ってくれました。

私達がこの店に注目しているのは、私達がこれからやろうとしていることと比べて、
とても参考になることが多いからです。
まずそのロケーション。
本当に山中の高台にあり、とてもちょっと立ち寄るというような立地ではないです。
よくぞこの場所を選んだなと本当に感心します。冬は凍結して大変だろうな。

次に古民家を改造して、地元の旬のものを活かそうという心意気です。
お金の賭け方も、料理の腕も、私達はとてもかないませんが、
店のしつらえや料理の工夫が参考になります。
普通だったら一流店の料理長で収まっていれば安泰だろうに、
きっと腹に思い描く夢があったんでしょうね。
一人でサービスを切り盛りする奥さんは、今回初めての経験とか。
決心する時はかなりの勇気がいったでしょうね。

8畳~10畳ほどの部屋に一組ずつの客を入れるようになっているのも、
私達のイメージに近いです。
ざっと見ただけですが、今日は月曜なのにほぼ満室でした。
口コミで確実に客がついているのも、妙な話ですが勇気づけられます。
つまり、この店を見て、将来の私達の姿をシミュレーションさせてもらっているのです。
だから是非成功して欲しいし、何かの機会に良いお付き合いができればな
なんて勝手に期待しています。
これからのご繁盛をお祈りします。私達の夢の分も乗せて。

鯛と飛騨牛の刺身
CIMG0429-2.jpg

スポンサーサイト