FC2ブログ
昨日新しいブログを書いた後に、すぐコメントが届きました。
「ちょっと休憩しません?」という内容。
昨日はいろいろ動き回ったから、確かにちょっとは休憩した方がいいかと思いつつ、
でもなんでそんなコメントをわざわざ寄せるんだろう、一体誰だ?と覗いてみたら、
「制服○○××、・・・」あほらし。即、削除しました。
アップされたブログにいちいち繋がるようになってるんですかね。

さて気分を変えてといきたいところですが、今日の内容はちょっとサエマセン。
田舎暮らしが長いと、さぞかしチェーンソーや斧の使い方はお上手なんでしょう?
と聞かれることがありますが、私はヘタですね。10年やってるけど。
薪割りしていてもね、狙いを定めたところに斧が落ちることはめったにないです。
たま~にだけど、斧を振り上げて下ろした時に、空振りして地面に刺さるなんてこともある。
こんな時は思わず周りを見渡してしまう自分が情けないです。

手斧でもそう。薪を支える左手には軍手は欠かせません。
今まで何度左手に手斧をぶつけたかなぁ?軍手が無かったら何本か指が落ちてたかも。
だから最近は小さな薪は何かに寄りかかるように立て、右手だけで振り落としてます。

チェーンソーもひどいもんです。
買ってきたばかりの頃は、それはそれは良く切れ、
まるでスターワォーズの剣みたいに「ブゥォン」と丸太を切り落としていたのに、
月日が経つと切れなくなり、最後はチェーンソーをノコギリみたいにゴシゴシやってます。
もちろんメンテしてるんですよ。いや、しているつもりです。
つい先日もオイルとゴミまみれだったのを丁寧に掃除し、刃も研ぎました。
でも切れ味が今いち。

なので、今日、近くのJA機材センターに持ち込みました。
ここの人、カッコイイんです。
とても落ち着いていて、即座に対応して修理すべきところはしてくれ、
丁寧に教えてくれます。
憧れですね。こういう職人肌の人って。
今日もその人に会えるとワクワクして持ち込みました。

「こんちは~。チェーンソーの具合が悪くって。」
「どうしました?」
「整備したつもりなんだけど、切れ味が悪いんですよ。切る時に白い煙が出るし。」
「どれどれ。あ、こりゃ駄目だ。刃が全然研げてないですね。」
「えっ? 研いだはず・・・なんだけど。」だんだん声が小さくなる私。
「刃が当たるところから煙が出ていたでしょう?それは研げてない証拠です。」
あとは自分でやりなさいと、返されてしまいました。シュン。

ホントヘタなんですよね。
一応研ぐ角度とか聞いてきたけど、きっと姿勢とか研ぎ方とかなってないんだろうな。
でもこの週末には、お隣のタケオさんと山に入って、
キノコ栽培用のほだ木を切ることになってます。
それまでに何とかしなきゃ、笑われるな、こりゃ。
こんなことでは山の衆にはなれませんな。
スポンサーサイト