FC2ブログ
天気予報では今日からまた大雪らしいですが、
こちらはまだ粉雪が舞う程度で、それほど降ってはいません。
でも吹き溜まりでは既に結構積もっていることが分かりました。

昨夜のことです。「もしかして煙突詰まってないかな?」とカミさんがつぶやきました。
言うには、煙突のつなぎ目から煙が出るようになったとのこと。
何?それが本当ならおおごとだ。この真冬に煙突が吹っ飛んだら、目も当てられません。
そこで早速煙突掃除をすることにしました。
ところが屋根に登ろうとすると、下から見るよりも結構積もっています。
特に煙突に近いところは丁度吹き溜まりのようになっていて、
腰辺りまで積もっているので、そのままでは近寄れません。
そこで雪かき用のスコップを持って、まずは雪おろしから始めました。

雪おろしは初めての体験でした。
八ヶ岳の家は傾斜45度の屋根でしたからすることなかったし、
もちろんそれまでも経験ありません。
加子母でも「寒いけれど雪は積もらない」と聞いていたので、
まさかすることになろうとは思いもしませんでした。
でも今回はただ煙突に辿り着くまでの道を作っただけなので、
雪おろしそのものは意外に簡単で楽でした。
もしこれからもっと積もったら、本格的に雪おろししなきゃならないんですかねぇ。
母屋の屋根だけで70~80畳くらいありそうだから、かなり大変かも。

さて、次は煙突掃除です。ブラシに長さ1mほどの棒を付けて降ろしていきます。
全部が入りきると、次の棒をつないでまた降ろしていきます。
3本目の途中で風呂釜に届きました。無事どこも詰まっていなくて、ひと安心。
ちょっと気になるのが、うちの煙突、石綿製なのですが、一箇所ヒビが入っています。
それに今話題の石綿がそもそも問題ありますよね。
一難去ってまた一難。今度は煙突総入れ替えか?
これはもうちょっと様子を見て決めることにします。
古い家に住んでるとホントいろいろあります。
スポンサーサイト