FC2ブログ
昨日午後からほぼ寝て過ごし、カミさんの看病もあり、今朝には随分回復しました。
夕方に出されたコンニャク温湿布が効きましたね。
4cmほどのぶっといコンニャクを茹で、ビニールとタオルで巻いて腹に当てました。
最後に首の後ろに当てて寝たら、すーっと眠りにつくことができました。

病気の症状がひどい時は、まずは病院に行き薬で最悪の状態から脱してから、
自然治癒力で回復するのが私のパターンだったのですが、
今回はひどい症状が出る前に養生する時間があったので、
全面的にカミさんのやり方に委ねました。
ポイントは、「身体の毒気を出し切ってしまうこと」のようです。

熱が出ればそれを抑えずに、熱によって毒気が去るのを待つ。
お腹が痛い時は何も食べない。
とにかくじっとして待つということらしいです。
そして昨日から書いているような自然処方でサポートする。
野生動物は病気になったらじっと寝ている。
そんな時に薬や過分な食事を採るのは人間だけというわけですな。

そのお陰か、今日は爽やかな気分です。
それともう一つ今回の疲れの原因がありました。
新しい仕事の依頼があり、
それをどうこなすかとあれこれ考えているうちに「頭ぐるんぐるん」状態になり、
寝ても覚めてもその仕事のことを考えていたのです。

私は「頭ぐるんぐるん」になると身体が火照り、目はパッチリ。
でも結局その後で寝不足になって調子が狂うんです。
今回はその状態が結構長く続きました。
実際のところ、昨日布団の中にいても頭をよぎるのは仕事のことばかり。
夜中になってある程度頭の中が整理でき、
少しだけ起きてこれからの段取りを整理したものをメモ書きし、
ようやく気持ちが晴れました。
言わば産みの苦しみのようなものでした。

振り返って見れば、身体にとっても、頭の中を整理するにも良い時を過ごしました。
でも油断は禁物。ぼちぼちと復帰していきます。
スポンサーサイト