FC2ブログ
2006.03.11 春全開!
今朝は山入り。まずは先週行った「ノビル10cm」の場所へ一目散に向かいます。
すると15cmにまで伸びていました。
この調子だと、もっと日当たりの良いところを探せば出物があるはず。
周辺をうろうろしていたら、ありました!南斜面の高台の畑脇に立派なノビルを発見。
一株いただきました。
CIMG0445-2.jpg

しばらく行くと今度はクレソンを発見!
ただしこれは微妙な場所にあります。
休耕田で育てているのか、あるいは野生化したのか?
とりあえず隅の方のを一株いただきました。
CIMG0448-2.jpg

そして別の場所では綺麗に育ったタネツケバナの群生を見つけました。
これはどこにでもあるのですが、綺麗にまとまっているのはあまりありません。
岩から染み出た水の脇でフサフサと茂るタネツケバナ。
私はこいつの辛味が大好きです。一株ゲット。
ふと見るとサワガニもおりました。困った時はこいつもいただこう。今日はパス。

その他、今朝確認したのは次の通り。
ゲンノショウコ、ヨモギ、スイバ、アザミ、カンゾウ、ヒメオドリコソウ、フキノトウ。
これらはまだ採りません。様子を見て採取します。
明日は場所を大きく変えてみるつもりです。さてどうなりますか。

帰宅してからも大忙しです。
まずはN工務店のK建築士に来ていただき、リフォームの相談です。
屋根の軒の長さ、薪ストーブを置く場所の床下の補強、煙突を通す時の屋根の細工、
風呂の設置場所などなど、本来ならば工務店にお願いして管理してもらうべきところ、
今回は飛ばして私がしているのですが、無償でアドバイスしてくれました。
ありがたい限りです。

その後には地主さんが登場。
今日はいよいよ宅地の売買契約を交わす日でした。
事前に内容についてお互いに了解していたので
今日は署名と捺印だけですが、やはり記念すべきことです。
銀行との手続き、支払い、登記などまだまだすることはありますが、
私が地主になる日が近づいてきました。

その次は庭づくりです。まずは今朝採取した株を山に植えます。
こうやって少しずつ移植することで、
いずれは目の前の山が山菜山になればと狙っています。
ただし元ある場所の生態系を崩さない程度に少しずつコトを進めます。

そしてようやく本日のメインイベント、「スパイラル・ガーデン」づくりです。
スパイラル・ガーデンとはパーマカルチャーをやる人ならたいていはつくる、
お決まりの庭です。
その名の通りらせん状の庭なのですが、
真ん中にいくに従って傾斜をつける、つまりカタツムリのような形の山を築きます。
これによって、山の南斜面は日がよく当たり、北斜面は影が多くなります。
また、山の頂上付近は土が乾き、ふもとは水気の多い土になります。

このように、小さなスペースで様々な気象の変化(微気象といいます)
を作り出すことができます。
そして、それぞれの気象に合った作物(主にハーブ類)を植えることで、
小さなスペースから多くの作物を得ることができるという、大変な優れものなのです。

このスパイラル・ガーデン、以前住んでいた丹波篠山でも作っていましたが、
その時は直径1.5mほどの小さなものでした。
今回はちょっと欲張って大きめに挑戦。何と直径4.5m!
しかも家の前庭と畑を仕切る石段を利用して、段違いに作ってみようという新技です。

まずカミさんと喧々諤々の話し合い。とは言ってもけんかではありません。
パーマカルチャーでは「土地をよーく観察すること」を第一に指導しているのです。
だからスパイラル・ガーデンのデザイン一つについても何度も何度も検討します。
縄を張り巡らせ、ようやくイメージができて作業開始。
CIMG0450-2.jpg

地面を掘り、以前、床抜け部屋を片付けた時に出てきた石を組んでいきます。
今日のところは外周作業の途中までで終了!
前庭から畑に降りるための石階段をつけたら、
カミさんはむしろこちらに感心しておりました。(写真右奥です)
CIMG0452-2.jpg

このように、今日はいろんな作業が一斉に進み出しました。
気候も春めいてきたし、仕事に、家の改修に、畑に、山に、一気に全開モードです。
スポンサーサイト