FC2ブログ
今回大阪で楽しみにしていたものの一つに、ある展示会がありました。
それは大阪・大正区のギャラリー・ブリコラージュで開かれている、
『江崎満 木版画と土の仕事』です。
カミさんはこれに行きたくて、とても楽しみにしていたのでした。

江崎さんは版画から始めた方ですが、今では陶芸でもかなりの名を上げています。
奥能登で暮らしながら創作している江崎さんに、
カミさんが初めて会ったのは20歳頃だったとか。
詳しいことはカミさんのブログでおいおい紹介するでしょうが、
とにかくその当時、彼女は江崎さんの作品と、
ご本人の人柄にとても影響を受けたらしい。
今の彼女のライフスタイルづくりのきっかけにもなったのでしょう。

そんな江崎さんの話は付き合っていた頃からよく聞かされていたので、
それならば一度会って結婚の報告をしようと、
婚約時代に高岡の展示会に行き、その旅の間にご自宅にも伺いました。
その後、2年前にも今回と同じブリコラージュでの展示会でも訪問し、
その作品の魅力は十分に感じていましたが、
正直言って資金的に厳しいのと、
まだ私たちの暮らしが見えていなかったので、作品購入は控えていました。

でも今回は「何か一つ買う。」と決めて伺いました。
カミさんの誕生日プレゼントとして約束していましたので。
そして、今度の店の顔になるような、
象徴的なものと出会えればいいなという期待も持っていました。

会場に早目に着いて作品を眺めていると、江崎さん登場。
会うのはもう何度目かですので、「どもり症」だという江崎さん
(ホントかなと思うくらい雄弁だけど)とも会話がはずみます。

ところで、私がこんなことを書くのは変かもしれませんが、
カミさんは昔から江崎さんのことを好きですが、
江崎さんはどうもカミさんに惚れているように感じます。

カミさんによると、若い頃はそうでもなかったらしいけど、
結婚する直前に会った時に、「いい女になったな。」と言われ、
今回子供を産んで、ますますカミさんのことが好きになった様子だと。

その証拠に、雑談の途中からカミさんがU太に乳をあげていると、
「ちょっとおっぱいを見せてくれ!」とせがみ、
カミさんのおっぱいから5cmくらいのところにまで顔を近づけて眺めておりました。
もちろん乳首も見えています。

そしてやがてカメラを構えて写真を撮り出しました。
最初は遠慮気味に、
20060521091643.jpg

だんだん近づき、
20060521091717.jpg

最後はアップで。
20060521091748.jpg

この写真をもとに、次回『母子像』をつくるそうです。できたらくださるとか。
「私はダンナの目の前で、カミさんの乳を覗いたりはしないぞ。」
と半ば呆れながらも、
芸術家ってそんなものなのかもしれないと一人納得。

そんなこんなで時間は過ぎ、購入したのは、『地神』という作品です。
『風神』『雷神』『山神』と続けてきた神シリーズの新作です。
長い冬を経てようやくやってきた春を迎えて、
ガマガエルに乗った地神を中心に様々な生き物達が一同に介し、
「さぁこれから何をしようか?」と相談している図です。
20060521091823.jpg

カミさんはひと目見て気に入ったらしく、それとなく私に勧めます。
私はこれも気に入ったけれど、他の作品でもいいなと思ったのが幾つかありました。
でも、普段物事を慎重に決めるカミさんが「いい」と言うのであれば
迷うことはありません。
なるほど見るほどに、うちに飾ると合うような気がしてきました。

私たちは最近出費ばかりがかさみ、本当にカツカツの暮らしですが、
こういうのは出会いものですから、
気に入った作品のためならばと購入することにしました。
カミさんにとっても、実は江崎さんの作品を購入するのは初めてでした。
展示会が終われば、この地神がうちにやってきます。
20060521091903.jpg

帰りには、きっと数万円するだろう壷を出産祝いにいただきました。
また、私たちが企画するのであれば、
喜んで加子母でも企画展をしてくれるとのことです。
母屋の2階、約60畳ある屋根裏を使ってギャラリーにするのもいいですね。
慌てず、じっくりと構想を練っていくことにします。
20060521091939.jpg
スポンサーサイト