「厨房の解体には2~3日かかるだろう。」と読んでいたのですが、
土曜日一日で完了してしまったので、
昨日今日はボーナス日のようなものです。
では田畑仕事でもしましょうかと外に出たら、途端に雨が降り出しました。

では仕方がない。家の中の片付けに変更しました。
我が家はリフォームの影響で物がガサガサに置かれたままです。
昨日の「移住前の厨房写真」ほどではないけれど、荒れた部屋が3つ4つありました。
その片付けを始めたわけです。

こういう作業、私は嫌いではないです。いやむしろ好きかも。
「片付けるのが苦手」と、
自分のブログでカミングアウトしたカミさんからすれば不思議かもしれませんが、
コトを始める前にイメージして、
そのイメージ通りに仕上がっていく過程は楽しいものです。

昨日も最初は家の中をぐるぐる歩き回って、段取りを思案します。
「あれをここに移して、その後にあーしてこーして・・・」
そしておもむろに叫びます。「よし、見えた~!」
カミさん「えっ!もう『見えた』の?」
はい、今回は割りと早く出来上がりのイメージが見えました。

早速片付け作業を始めます。
私は体力ありませんが、コトを始めるとほとんど休息しないので、
ちまちまと足でかせいで少しずつ物を移動させていきます。
そして面白いもので、どんどん加速がつくといいますか、
パキパキと動き始めると止まりません。

こういうのはきっと「血」なんじゃないかと、昔感じたことがあります。
うちの一族は、親父を筆頭にこういうタイプが多いです。
昨日もあまりにパキパキしていたので、カミさんが恐れをなしておりました。
「いつか切れないでね。」

カミさんの心配をよそに、何と一日かけて家の中のほとんどの片付けが終了!
あとは厨房関係を残すのみです。このスピードには我ながら感心。
物であふれていた客間も、ほれ旅館のようなたたずまい。
この部屋は店を始めると実際に客間になります。
これでいつ泊り客がきても、調理の不便さだけを除けばもう大丈夫。
20060612060512.jpg

ところで、ガス屋さんが来て、小さなプロパンを仮設厨房に設置してくれましたが、
解体された厨房を見て、「これを一人でやったんですか?」と驚いていました。
そう言えば、昨日水道屋さんに「解体が済んだので、いつでも作業に入って下さい。」
と電話したら、「えっ!も、もう解体したんですか?」とマジ驚いていました。
ちょっと自慢です。へへ。

しかも昨日は時間が余ったので、すかさず次の作業へ。
玄関に設置する洗面台を自分で創ることにしているのですが、
その台作りを始めました。
屋根裏に置いてあった一枚の板、何の種か知りませんが、
ススにまみれて良い加減の色です。
そいつを加工して洗面台にしようというわけです。
20060612060544.jpg

昨日はまず切り出しナイフで板のささくれを取り除きました。
これからもう少し手を入れて、洗面器を入れるスペースの穴を空け、
磨いて、塗装して、足を付けていきます。
保健所の指導で設置せねばならない洗面台ですが、
こうやって加工するとなると楽しみの一つになってきました。
さてどうなりますか、請うご期待!