「わしらもデジカメが欲しい。」
両親のセリフです。
先日あるツアーに参加したら、周りは同年輩ばかりだったのに、
フィルムカメラを持っていたのは自分達だけだったとか。
撮ったその場で確認したり削除できるのが羨ましかったらしい。

この時代の変化もすごいですね。
「次世代カメラ」と名売ってAPSカメラが登場したのは今や昔。
フィルムカメラは今後どうなるんでしょう?という感じです。

そこでまずは私が品定めにヨドバシカメラに行きました。
世の中まさに日進月歩の秒走です。どんどん進化しています。
最初はどれを見ていいのやら分かりませんでしたが、
フジの「FinePix F30」というのが今の売れ線だというのが分かってきました。
F30.jpg

そして定価49,800円が、今月初旬のヨドバシ価格で46,700円でした。
その場では買わず、帰宅していろいろ調べます。
近所で「どの家電店よりも安く売ります!」宣言をしているショップに相談したら、
「45,000円で売ります!」とのこと。なかなか頑張っています。

ところが、価格コムを調べてビックリ!37,000円台からあります。
8,000円も安いじゃない!何でこんなに違うの?
くだんのショップにも掛け合いましたが、
「その値段だととても太刀打ちできません!」とギブアップ。
結局、送料込み38,000円でゲットしました。

二日後には送られてきて性能を確認しましたが、ホントすごいね。
反応が早い!マシンっていう感じ。
この機種、現在日本で出回っているデジカメ約850台の中で一番人気らしい。
なるほどと思わせるだけの性能です。

昨日、両親にそのカメラの扱いについて説明をしました。
一通り説明した後、「ふうっ!」とため息をついた両親。
慣れるまでしばらくは大変だろうけど、きっと楽になるから頑張れ!

それにしても、
例えば暗闇にファインダーを向けてもはっきり映ります。(超高感度ISO3200)
また、撮った写真をその場でどんどんズームして見られるなんて、
映画「ブレードランナー」で観たシーンそのものじゃないか。

「未来の暮らし」だと思っていた場面が身近にやってきて、
しかもそれがお手頃価格で手に入り、不思議な気分です。
私が生きている間に世の中どこまで行くんだろう?