FC2ブログ
いよいよ祭りまであと三週間となりました。
にも関わらず、私は相変わらずのレベルで停滞しております。
周りの皆さんは「初めてにしては良く音が出てるよ。」と励ましてくれますが、
私は全く満足していません。

特に今週は仕事が立て込んでいて、全く練習できませんでした。
そして昨日夕方に久しぶりに笛を持って、ショック!音が出ない!
なんということだ。サイコロ振って振り出しに戻った気分です。

ところで昨日は特別な日でした。
まず、地区の神社で祈願祭がありました。
関西の出張からあたふたとかけつけた私、何が行われるのか全く知りませんでした。

とにかくその場にいますと、おもむろに般若心経が始まりました。
これはそれほど難儀なことではありません。
私の班では毎月の常会が始まる前にやっていますし、
それ以外にも毎月18日には念仏練習会をしていますので、慣れたものです。
まだ覚えてはいないけど。
20060902080058.jpg

でもいつもは般若心経の次には必ず念仏を唱えるのに、今回は般若心経だけで終わり。
これはつまらなかったですね。私はその後の念仏の節回しが大好きなのに。
少々欲求不満でその場をあとにしました。

次に場所を変えて、いつも祭りの練習をしている会館に再集合。
昨夜は「合同練習」とかで、
地区の人々や、隣の地区の代表の方が集まる前で練習を披露しました。
まいったなぁ。ただでさえヘタッピなのに、この日は一段と音が出ない。
とても情けない思いで練習披露を終えました。

その後は宴会に。
いつもの乾き物とは違うおかずをいただきながらお酒をいただきます。
私の隣に座ったセイスケさん、
今年の5/4に神社で行われた獅子舞の獅子を演じていた方でした。

飲みながらの席でどういう話の展開になったのかは定かではないのですが、
聞くところによると、私が「獅子舞」だと思っていたものは二つの種類に分かれ、
「宮入り」の獅子と、「獅子舞」は違うのだそうです。
(もう少し勉強が必要みたいですけれど)
20060902080141.jpg

その「獅子舞」の後継者がいない、とセイスケさんがおっしゃったのを聞き、
つい、「じゃぁ、私がやります!」と手を挙げた私。馬鹿ですねぇ。
こういうのをお調子者と呼ぶんでしょうか?
とにかく5年越しくらいのペースでじっくりと教えていただくことになりました。
どうなりますやら。

やがて宴会にありがちな風景で、人が移動し始め、
私は近所のタカシさんがいる席に合流。彼はムードメーカーです。
このブログを読んでいる彼が「まだ俺が出てこない!」と訴えるので、パチリと撮影。
いつか鮎釣り(網)に誘ってくださるとかで楽しみです。
20060902080218.jpg



そうこうするうちに宴は終わりを向かえ、やれ終わりかと思いきや、
何故か突然、私に「締め」をやれとのご指名。
こりゃまいった。ほんとに突然ですよ。
かの三木さんが首相指名を受けた時、
思わず「晴天のヘキレキ」と言ったのを思い出しました。

その場で思いついたセリフを並べましたが、果たしてそれで良かったのか。
一つ言い忘れたのは、
いろいろ準備や段取りの裏方をして下さった女性陣への感謝の言葉です。
この場を借りてお礼申し上げます。
そしていずれはうちのカミさんも参加することになるんでしょうね。

突然のご指名でしたが、無事一本締めも終わり、お片付け。
こういう過程を経て、地域の人々がお互いを知り、
絆を強めていくんだなとしみじみ感じました。
地元の皆さんにとれば当たり前のことかもしれないけれど、
都会で育った人間にはいちいち心に染みます。
少しずつ、本当に少しずつ、地域に関わっていく自分を感じます。

(畑に同化するU太)
20060902080403.jpg
スポンサーサイト