FC2ブログ
私は今でこそ家ではカミさんの手料理で
玄米菜食中心の健康的な食事をいただいていますが、
もともとは大衆食堂のコテコテB級めしが大好きです。
特に丼もの、麺類は大の大の好き。

カツ丼、天丼、親子丼、鰻丼(これは贅沢?)、天津丼、チャーハン、マーボー丼、
カレー、ハヤシ、牛丼、豚丼、照焼丼、鉄火丼、うにいくら丼(これも贅沢?)、
鹿丼、猪丼(これらは仙人小屋の名物)、
豚骨ラーメン、かき揚げそば、さぬきうどん、きしめん、・・・
ああ、もうたまりませんな。

東京で暮らしていた頃は、下町のB級グルメ系の店を訪ねて歩いたものです。
一番印象に残っているのは、
柴又帝釈天の商店街で食った油コテコテの天丼と、食後の草団子です。
そしてこれは決してB級ではないけれど、
永田町の天ぷら屋で名物特大かき揚げ丼を食っていたら、
福田元総理が「よっ!」とか言いながら入ってきたのには驚きました。

話がそれましたが、私は大衆食堂の風情が好きです。
ファミリーレストランって、外観が「どうぞお入りください!」と
客に媚びていません?
その点、大衆食堂は、「親父が背中を向けて調理している」風情が醸し出されています。

初めてそういう店に入る時は、こちらもなんだかドキドキします。
入ってしまうと実は大したことないんだけれど、
それでもたまに「当たり」の店に出会ったりすると、
「俺はこんな店を知ってるんだぞ」みたいな、ちょっと自慢気になったりします。

実は中津川にもそんな気になる店がありました。
加子母から国道256号線を中津川市街に向けて走り、付知町を抜けた辺りに立つ食堂。
『芝カ瀬食堂』と看板が出ています。
20060929075730.jpg

ここの噂はお隣のタケオさんから聞いておりました。
そして注文するメニューも決めておりました。
『どてめし』です。

『どてめし』、いい響きですねぇ。いかにもB級の香りがします。
名前を見てだいたいの想像はつきますが、
一応「一見さん」なので何も知らないふりしてお店のおばさんに尋ねました。
「『どてめし』って何なんですか?」
「それはね、牛の筋を煮込んだやつを丼飯にかけたやつだよ。」
「じゃぁ、それください。」

他のメニューは意外に値が張り、トンカツやから揚げ定食が900円ほどするなかで、
『どてめし』は何と500円!
もうワクワクですね。

やがてやってきた『どてめし』。期待を裏切らない風情をしておりました。
見るからにコテコテです。
20060929075802.jpg

何だか酒が欲しくなりますね。
正直言って、ご飯が倍欲しいくらい味が濃ゆかったです。
でもこれぞB級!わたしゃ惚れました。
そして昨日からおでんも始めたらしく、一本70円ですと。
これから先は「どてめしにおでん数本」パターンですね。
道を行く楽しみが増えました。
スポンサーサイト