2006.10.05 バトン
八ヶ岳で陶芸工房を開いていた頃によく通ってくれていたnakoさんから
バトンがきました。
Nakoさんは最近プロデビューしたんですよね。おめでとう!
あの頃からセンスがあったから、きっとこれからもうまくいきますよ。

さてバトンですが、正直言ってこういうのは得意ではないのですが、
頑張って書いてみます。
まず最初に、どうも以下の内容をコピーすることになっているらしい。

「バトンを受け取った方は下記にHNの記載をお願い致します。」
┗新空ちはら→佐和コウイチ→藤ちょこ→日原玲→虎津
→狸狗子→絢→ 佐佑→ルク→三笠麻都→愛水麻彩
→十一花ぱぴら→采乎ロゼ→市松ぐりこ→すみ→あゆっきぃ
→Kou→miyuki→マロン→みなみ→美波→そのみ
→バイアリー・ターク→jasumin→新歌→はらぺーにょ→ruca
→まつかぜ→ひろちょ→るんて→bamboo→nako07→そして私

続けて質問へのお答えです。

1.貴方のHNを教えて下さい
「masan」です。
呼び名は「まさん」でも「まーさん」でも結構です。「馬さん」ではないです。
昔は苗字から「もりさん」と呼ばれていましたが、
それだとカミさんは何と呼ぶ?ということになり、
下の名前からとりました。

2.貴方のサイト名を教えてください
「もりのいえ 山暮らし日記」です。
『もりのいえ』にはいろんな意味を込めています。
「森」「野」「家」はもちろんのこと、
私たちの苗字と、私とカミさんの名前も含まれています。
「家」は、「建物の家」という以上に、「家庭」の意味が強いです。
だから英語では「Home in the forest」。
また「いえ」は、「命」の「恵み」でもあります。
そして『もりのいえ』はこれから私たちが始めようとしている店の名であり、
ブランド名でもあります。
いわば『もりのいえ』は、私たちのライフスタイルそのものです。
その旗印の元、私とカミさんがそれぞれブログを書いています。

3.いつからこのサイトを始めましたか?
2005年08月14日 です。
一年が過ぎました。これで448話になりました。チリも積もればなんとやらですね。
アクセスももうすぐ4万です。ありがたいことです。

4.管理人歴はどれくらいですか?
2003年の初め頃からHPを開いていました。
このブログにも一応リンクして残してあります。

5.サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明してください
う~ん、これが難しい。
その時々に関心があるものを書いているとしか言いようがないですね。
別の表現をしますと、
鶏を解体すると、卵を産む出口から順番に、
次の卵候補が少しずつ小さくなって並んでいます。
私のブログってそんなのかも。(かえってよく分からない?)

6.訪問者に是非行くべきだ!!と貴方がオススメできるサイト様を5つ必ず書いて下さい(できれば簡単にジャンルの説明もお願いします)
う~ん、これも難しい。
これって、次につながる個人のサイトやブログを紹介しろってことですよね。
実は他の人のブログを見に行くことってあまりないのです。
自分のブログを書くだけで時間一杯で・・・。
だから私が人のブログにコメントを残すなんてよっぽどその気になった時だけです。
人には「コメント書いてね」なんて言ってますが、こんなものです。

それと、紹介しようという人の確認も取っていないし・・・。
ですから申し訳ないけれど、プライベート系のご紹介はご辞退します。
ご免ねnakoさん。私以外の人がバトンをつなげてくれることを祈ります。

ただ、何も紹介しないでおくのももったいないので、
一冊の本と、ある公的サイトを紹介します。
まず、今一番はまっている本が、『和食の力』(小泉和子著 平凡社新書)です。
このタイトルに惹かれましたね。
「食文化」についてあれこれ考えながらも、
なかなか切り口を見出せなかったのですが、
このタイトルで目からウロコが落ちました。
「そうか、『食文化』って、『食の力』なんだ!」って。

内容もいちいち納得する事柄ばかり。
まさに「ポポンポンポン!」と手を打ちたくなります。
実はまだ読みきっていませんが、私はすっかり感化され、
「どんなに貧乏でも鰹節は固まりを買おう!」と心に決めました。
著者の小泉さんはご自宅を改造して「昭和のくらし博物館」をされているらしく、
是非一度伺ってお話をしたいところです。
20061005081817.jpg

お勧めサイトは、「新書ガイド」
まぁ騙されたと思って、何かキーワードを入れて検索してみてください。
結構楽しめます。上の本もこれで見つけました。
でもあまりに専門的なキーワードだと精度が落ちます。
あくまでも楽しみとしてね。

ということで、nakoさん、こんなもんでよろしいでしょうか?