「きのこネタが出てこないじゃないか!」とお怒りのあなた、どうもすいません。
9/11にも書きましたが、最近、山に入るのを控えておりました。
でもその間、何もしていなかったわけではありません。(言い訳ですが・・)
きのこに関してこれまでに仕入れた情報を報告します。

その1:加子母できのこを採るのは効率悪い?
加子母は「ひのきの里」が売り文句ですが、
実は国道界隈についてはほんの30~40年前までは雑木林だったそうです。
つまり我が家から見える範囲に関しては、もともと針葉樹はさほどなかった。
紅葉はそれはもう見事だったそうです。
そしてその当時はとてもきのこが採れたそうです。
でも今やヒノキとスギばかり。これではきついです。

それでも知っている人は自分だけのわずかな場所を知っている様子。
こればかりは誰も教えてくれませんので、自分で探すしかない。
でもこれってちょっと効率悪いかな?

その2:みんな他所の場所に行っている
場所によってはかなり厳しいところがありますが、
それでも可能性のある場所があることが分かりました。
これ以上はここでは書けませんが、ようやく見つけた一筋の明かり。
実はね、3本の明かりです。へっへっへっ。

とは言ってもまだ現実にキノコに出会っているわけではないので偉そうなことは言えません。
これから地道に探していきます。

その3:山持ちになる
一言で「山を持つ」と言っても、他の方とは理由が違ってきます。
私はヒノキやスギを育てて財産にするつもりはなく、キノコを採りたいだけですので、
同じ山でも「荒れた山」を求めることになります。
だからうちの近所ということではなくなるかも。
それにいくら山が安いと言っても、先立つものは必要なわけで、
母屋のリフォームで財産使い果たし+借金を背負った身には結構辛いものがあります。
この道はぼちぼち機会を待つことにしましょう。

以上の情報を得たところで、さて遅まきながらきのこを探しますかというところですが、
ここにきて私の心を揺さぶる出来事が二つ登場。
一つは私の背中を押し、一つは足を引っ張ります。
さてその出来事とは?
(つづく)