仕事柄、時代の先端情報は分かっておく必要があるのですが、
最近は追いつかない場面も多々あります。
正確に言うと、一時「隠遁生活」をしておりましたので実態は浦島太郎状態でして、
何とか世情についていこうとしているのですが、やっとこさといったところです。

最近の話題で挙げますと、
検索エンジンなるものは検索ロボットが徘徊して
キーワードを拾い集めるものという認識ですが、
そのロボットが自分のHPやブログに近づいてくると、こちらで分かるのだそうですね。
そしてロボットが拾いやすいキーワードをばら撒くと効果的なのだとか。

しかもキーワードは「目に見える」文字だけでなく、
背景と同じ色の文字を掲載することでもよりヒットするらしい。
つまり、このページは背景が白色なので、
白い文字でいろんなキーワードを撒き散らせば良いわけです。

そんな話題に驚いていたら、今度はロボットの方がより進化して、
上に挙げたような「隠し技」を見破り、そういうサイトはブラックリストに移されて、
検索から排除されるようになっているのだとか。
ここまでくると、もう何がなんだか分からない世界ですね。

最近はこんなサイトを見つけました。
これは私が作ったページではありませんよ。
検索ロボットが勝手に私のブログのキーワードを整理してくれているのです。

それによると、「U太」や「ビジョン」と並んで、
「カズミ」さんが私のブログのキーワードらしい。
カズミさん、すいません。有名人にしてしまいました。

また、先日たまたまテレビでグーグルを特集していて、感心したことがあります。
その一つは、グーグルの社員は社員食堂がタダらしい。しかも美味いらしい。
これはものすごくモチベーションが上がりますね。

そして今や年間一万人以上の就職希望者(日本のみ)だそうですが、
採用は現場でするらしい。
つまり一緒にチームを組むメンバーが「共に仕事をできるかどうか」が判断基準とか。

これらの話題は良しとして、日本法人の社長が
「グーグルが究極に目指すもの」として挙げた話題には首をかしげました。
パソコンの前に座っただけで、
「今のあなたはこういう情報が欲しいでしょ?」と
人の心理を先読みして答えを示してくれるサービスを提供したいらしい。

そこまでしてもらって何が楽しいんでしょ?と思わなくもないです。
9/15のブログにも書きましたが、最近の変化には全く驚くばかりで、
ますます『マトリックス』の世界ですね。