FC2ブログ
今朝は冷えるなと思ったら、マイナス5℃でした。
昨日は少し雪も舞ったし、いよいよ冬がやってきました。

さて一昨日、移住後知り合った気心の知れた方々とワインを楽しみました。
私は一時期、ワインにはまったことがあります。
ワイン好きと言えば、「うんちく」好き。
できるだけ嫌らしくないように書いていきますと・・・

私がワインをよく飲んだのは、1990年代です。
最初は身近の酒屋で適当に選んで飲んでいたのですが、
次第にワイン系のムック本を読みあさるようになり、
『世界の名酒事典』なんて買うようになると、もう止まりません。
エノテカのお店に行っては、まとめて2ダースほど買うようになってしまいました。

勿論お金持ちではなかったので、
いつもなけなしの金を握っては、値打ちモノを探していたのですが、
たま~に「高級ワイン」なるものに手を出すこともありました。
そうやって常に5ダースほどのストックを持っていた時期もありました。
でも今や本当にお金が無くなり、
3リットルの紙箱ワインをコップでちびちびというのが最近の密やかな楽しみです。

やがてストックワインも10本足らずになり、
とっておいた高級モノで飲み頃を迎えたものが出てきました。
ならば、そこそこの人数が集まる時にさっさと飲んでしまおうと、
今回とっておきのワインを開けました。
「シャトー・ラトゥール」 1983年モノです。
ラトゥールは私が一番好きなワインです。セカンドでも十分に感動できます。
20061113075947.jpg

さて今回の会では「一人一品」をお持ちいただきました。
皆さんとても美味しい食事を持参してくれましたが、
中でも受けたのが「ケイチャン」です。

ケイチャンは岐阜ではよく出る料理ですが、他所ではあまり聞かないです。
ニンニクおろしがたっぷり入ったタレに鶏肉とキャベツ・タマネギなどを混ぜ合わせ、
鉄板で焼いていただきます。
はっきり言ってB級メニューですが、これが結構いける。
あのmixiにもケイチャンのコミュがあります。

さてこのケイチャンとワインが果たして合うのか?
結論は、「とっても合う」ことが分かりました。
これは意外でしたね。皆さんもビックリ。
20061113080031.jpg

かくして1983年にフランスはボルドーで収穫されたブドウは長い年月を経て、
岐阜の山里でケイチャンを肴に人々の胃袋に納まったのでありました。
何とも不思議な感じがします。

ところで、受信メールを一部受けつけていなかった件で、
暇をみては「返事遅れてご免なさい」メールを送っておりますが、
お宝メールも発見。エビサワ氏が毎日新聞に載った記事です。
本人には「既に掲載された内容なのだから、公表しても一緒でしょ?」と、
半ば強制的に許可を取りましたので、皆様お楽しみ下さい。
スポンサーサイト