FC2ブログ
先日の救急車騒動が好評をいただいたからという訳ではありませんが、
またしても「病」ネタです。

先日運び込まれた瑞浪の病院からの招待状を持って、近所の医院に行きました。
受付で、「先日、尿管結石で・・・」と説明し始めたら、
「はい、みんなでブログ読んだので知ってますよ。」と明るいご返事。
そう、そこは瑞浪で出会った先生のところだったのです。

診察室で再会。「先日はど~も~。」と、和やかに始まりました。
先生「ところでね、あそこの救急隊員に指導したのは私でね、
『嫌がられても、とにかく質問し続けろ!』と言っていたのです。
だから気分を害したとしたらすまんね。」と、言い訳わけわけ。
「いえいえ、『意識がはっきりしているかどうかの確認もしているのだろう』
と思っていたから大丈夫ですよ。」
こうやって、ブログ内容を介して会話が進むケースが、最近増えてきました。

そしてまたこんな会話も。
先生「あんた、大阪の人かい?大阪のどこだ?」
私「天王寺の生まれです。
先生「私は天王寺中学だ!」
私「あ、でも幼い頃に藤井寺に越して、両親はそちらにいます。」
先生「俺の親は河内松原(藤井寺のすぐ近く)だ!どこまで私の後をついて来るんだ!」
そんなこと知るか!
でも、先生も私と同じく、しょっちゅう大阪に行くらしいので、
今度は向こうで会ったりして。
いずれにしても、深いご縁で、この先ここが「かかりつけ」になりそうです。

そんなこんなで診察以外の会話で盛り上がっておりましたが、
私は実は気になっていることがありました。
2/5にインフルエンザになり、薬をもらって翌日には熱が下がり、
ほどなく治ったかに見えたのですが、何故か咳と痰だけが止まらない。
というよりもひどいです。
特に緑っぽい大きな臭い痰が一日に何度も出ます。
最近は色も臭いもましになってきたけれど、まだ残っています。

そのことを話した途端、先生の目が少し曇ったのを私は見逃しませんでした。
「そうか、尿管結石よりもそちらの方をしっかりと治そうな。」
何だか神妙です。
「インフルエンザの後遺症かもな。ふむふむ。」
おいおい、歯切れが悪いな。何だか妙だぞ。
咳と痰を治すのにしては気合の入った処方をされ、
「しばらくは体力勝負ですよ。頑張ってください。」と送られました。

怪訝に感じながらも指導通り過ごしていますが、
昨日、ニュースで「タミフルを飲んだ中学生がビルから落下して死亡」
という記事を見つけました。
私も今回インフルエンザになった時、タミフルを飲みました。妙な予感。
そして昨晩、笛の練習の際にカツシ師匠がこんな話をしてくれました。
「僕の友だちがタミフル飲んで結石になって、今でも泌尿器科に通っているよ。」
ガーン!もしかして、もしかして・・・

そそくさと帰宅し、調べまくりました。
「タミフル 後遺症」「タミフル 副作用」「タミフル 結石」「タミフル 痰」
・・・
いろいろ調べた結果の一部を並べます。

・6歳 女の子 2005年2月10日高熱。診察、検査してインフルエンザB陽性、タミフル5日間服用。15日咳が止まらず痰が多く再診。肺炎と診断される。

・タミフルの服用によって熱が下がっても、気道分泌物(痰など)からのウイルス放出は続いており、咳やくしゃみでまわりの人にうつす危険性があります。

・主な副作用は腹痛、下痢、吐き気で、量が多いと、ふらつく様なめまい感があります。肺炎の他、意識障害などの精神症状が現れることもあります。

・主に尿中に排泄されるため、腎臓の悪い人では急性腎不全をおこしたり、過敏な人では血小板減少などが起こることがあります。

・腎臓機能に問題のある人は、タミフルの排出が遅れる可能性があるので、医師にその旨を伝えることが必要です。最悪の場合、急性腎不全になる可能性があります。

私の症状と関係があるような、ないような。
どちらかと言うと、このタイプの文章が多かったです。

・タミフル(オセルタミビル)の添付文書には、「精神・神経症状(頻度不明) 精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、観察を十分に行い、症状に応じて適切な処置を行うこと。」と書かれてある。

・厚生労働省安全対策課も死亡例の一つを副作用として把握しており「異常行動の結果、事故死する可能性もある」としている。

変ったところでは、こんなのも。

・タミフルの製法特許のかなりの割合をアメリカの前国防長官のラムズフェルド氏が持っているという話は有名で、以前のタミフルフィーバーでかなりの利益を手にしたと報道されました。

私が一人で早合点して結論づけることはしないでおきますが、
もしかしたらこういうこと?
「インフルエンザにかかった→タミフル飲んで熱は下がった
→もともと気管が弱いこともあり、いつまでもウィルスが残っている
→実は腎臓も強くはなく、タミフルの排出が遅れている→結石にも影響?
→いまだにウィルスの残党がいて、そのせいで咳と痰が止まらない?」

あれこれマイナスに連鎖想像しても人生つまらんので、これ以上はしませんが、
ただただ家族に移すのだけは避けたいところです。
三年前に肺炎になりかけたこともあるしね。

今回、タミフルを飲んだこと、
もちろん処方されたことについてとやかく言うつもりはありません。
ただ、何かと話題のタミフルについて、
あまりにも自分の知識が浅かったなと反省しております。

私は病になった時、
「薬を使ってでも最悪の状態は脱して、その後は自然治癒力で治す」派なんだけれど、
今回の様に後遺症で悩んでまた薬を飲むようなことになると、ちょっと考えてしまいます。
とにかく自分自身の免疫力を高めなきゃね。
スポンサーサイト