FC2ブログ
U太の試練が続いております。
昨日は早朝から起きて泣き出し、5時半からカミさんを散歩に連れ出したそうです。
「まだ早いよ。」と声を掛けるカミさんをよそに、
どんどん土間を進み、玄関のドアを開けようとしたとか。
その後も、まるで「おっぱいを飲めないうさを他ではらそう」とばかりに、
母親に対していろいろ思いをぶつけております。でも顔は冴えない。

流石にカミさんも疲れが見えてきたので、朝食後、U太を散歩に連れ出しました。
でもやっぱり全然楽しそうじゃない。
畑の菜の花の前でもこんな顔。
20070416055716.jpg

山の湧き水が流れる水路が見えると、いつも立ち止まります。
でもこの日は一段とアンニュイ。
20070416055753.jpg

我が家から200mほど離れたところに、
老いた木曽馬が一頭だけ余生を過ごしている「木曽馬牧場」があります。
そこまで行ったものの、なかなか近寄れないU太。
20070416055831.jpg

お父さんが強引に抱き上げ、ご挨拶してもらいましたが、ガチガチに固まっています。
無理強いしてゴメンね。
20070416055905.jpg

この日の前半は一日中こんな固い表情のU太でした。
午後になって多少笑顔が出てきて、
夜にはお父さんお母さんと遊んで随分と気が晴れてきた様子ですが、
まだ満面の笑顔にはなりません。
おっぱいを我慢して気持ちをコントロールしようと努力している姿がありありです。

カミさん「おっぱいを見ようとするけれど、見ても触らないの。
『飲むものじゃない』と自分に言い聞かせているみたいよ。」と感動。
確かに事態を理解している様子。
でもそれほど感情を内に込めなくてもいいんだけどなぁ。

「泣きたい時は泣いていいんだよ。」
「U太がいくら泣いても、お母さんお父さんは全然嫌じゃないからね。」
カミさんと私が何度か繰り返しているうちに、
ある小さな出来事をきっかけに、堰を切ったようにわんわん泣き出したU太。
ずっとこらえていたんだね。

昨夜も何度か起きた様ですが、だんだんと気持ちが落ち着いてきた様子。
もう少しだね、U太。
お前の満面の笑顔を待っているよ。
スポンサーサイト