FC2ブログ
仕事の関係で東京に来ております。
合間を縫って、六本木に行ってきました。
まずは「国立新美術館」へ。
この外観、写真ではイマイチよく分からなかったのですが、
要はこのまんま曲線のガラス張りなのでした。
感心したのは手前の円盤建物。傘置き場でした。
20070419012923.jpg

仰々しいエントランス。
20070419013019.jpg

屋内にこのような建物が二つあり、手前はカフェ、奥はブラッスリー。
ちなみに手前の一階部分はトイレです。
20070419013151.jpg

一見クールですが、実はキャットウォークという代物。
20070419013307.jpg

展示室の壁面はなかなか絵になります。誰もが写真を撮っていました。
20070419013354.jpg

モネの企画展をしていましたが、そちらはそこそこに建物に興味深々の私。
日本にもこういうスペースができてきたのかと感慨深いです。
タイプは違いますが、パリのポンピドーセンターに近い印象を受けました。

私がポンピドーセンターに行ったのは、もう四半世紀前のことですが、
一つだけ強烈な印象を持った出来事があります。
それはトイレです。

何故か大をしたくなった私は、何故だかとても数少ないトイレに並んでおりました。
やっとの思いでそのトイレに入り、用を済ませたのはいいのですが、
水の流し方が分からない。
フランス語が分からないというよりも、それらしい表示がないのです。
便器に溜まる自分のものを眺めながら、やたら時間が流れます。
外で大勢の人が並んでいるのを知っているので、余計にプレッシャーがかかります。

「えい、ままよ!」と、便器の状態をそのままにして、
トイレの扉の鍵を開けた途端、水が流れました。
扉のロックと連動していたのです!
それってあんまりじゃない?ほっとしたと同時に、腹が立ちました。
「だから一人ひとりの時間がかかって、結局並んでいるんじゃないか!」
これがポンピドーセンターで私が唯一覚えている出来事です。

話がずれましたが、ついでに話題の「東京ミッドタウン」も覗いてきました。
こちらは本当に触る程度です。
唯一感心したのが、インフォメーション・タッチパネルです。
これは優れもの!こんなにレスポンスが早いタッチパネルは初めてです。
これに触れるだけでも来た甲斐がありました。
20070419013447.jpg

というのは言い過ぎですが、
実際のところ、私ごときがお金を落とす様な場所ではありませんでした。
だってどこも上品で、価格が高いんだもの。
東京の人はこういうことに金を払うのか!と正直驚き。
かくいう私も東京で十数年過ごしていたのですが、もしそのまま暮らしていたら、
「おっ、また一つお洒落な場所ができたな。」と通っていたかもしれず、
今更ながらの我が身の変化にしみじみします。

さて、ではチェックインしようかとホテルに向かったところ、何と拒否されました。
楽天トラベルの予約受付はしたものの、予約完了の手続きが済んでいなかったのです。
「既に満室だから」とそのホテルを追い出され、路頭に迷う私。
他の手軽なホテルはどこも満席で、結局カプセルホテルに泊まったのでありました。
若かりし頃はよく泊まったものですが、本当に久しぶりです。
懐かしいというよりは、何だか最後はトホホな夜でありました。
20070419013543.jpg

スポンサーサイト