FC2ブログ
先日立ち上げた「かしも自ビール組合」ですが、いきなり盛り上がりを見せております。
まず、切り込み隊長のタカシ組合員。
早速ビール瓶を注文し、既に二次発酵の段階であるボトル仕込みまで済ませたとのこと。
ボトルに仕込んだ直後に試飲したらしく、
「すごく不味い!」と感想を漏らしたそうですが、昨日の夕方連絡が入りました。

「日にちをおいて飲んでみたら、だんだん美味くなってきた!」と興奮気味です。
聞けば、仕込みの時に水の分量を誤って少なめにしてしまったらしい。
ということは、アルコール度が高いビールができるかもしれないです。
「きっと、日にちを置けばより美味くなると思いますよ。」とアドバイスすると、
とても喜んでいました。

ノボル組合員とショウゴ組合員もボトルを注文したらしく、各々その気になってきております。
今回ありがたいのは、各人の奥様方の理解を得ていることです。
「自ビールを作る=酒税がかかった市販のビールを買わなくて済む」ということですので、
つまり自ビールづくりに精を出すことは、家計を助けることになるのです。
いわば「エンゲル酒係数を助ける、かしも自ビール組合」であります。

ところで、私は4/22に新たにスタウトの一次発酵仕込みを済ませました。
その一週間~10日後に二次発酵のボトル仕込みをする必要があります。
そこで、近々「かしも自ビール組合・第二回会合」を開き、
その際に「ボトル仕込み講習会」を開くことにしました。
やっぱり皆、どうやってボトル仕込みをすべきか、この目で見るべきですからね。

またこれまでに出てきた話しから、いろいろ検討すべき課題も出てきました。
そこで、この機会に討議をすることにしました。

<第一号議案:かしも自ビール組合の形態について>
・先日、「かしも自ビール組合」が出来たのは良いが、
その後、「俺は『消費者組合』でいい。」という輩が増えてきました。
・そこで、『生産者組合』と『消費者組合』に分けて考える必要が出てきましたが、
 その際「消費者組合から経費を出資してもらってはどうか?」と意見もあります。
・念のため確認しますと、これは「売買」ではなく、あくまでも「出資」です。
・この意見について、次回会合にて議論したく願います。

<第二号議案:研修旅行について>
・「プロのビール作りを見てみたい。」との熱心な声が高まってきました。
・そこで、北陸出身であるショウゴ組合員からの提案で、
「キリンビール北陸工場見学会」を開いてみてはどうかとなりました。
・また、北陸と言えば「魚」ですが、その魚、
実はジャスコ(イオングループ)のものが活きが良いとの説が明らかになりました。
・それも店のバイヤーによってレベルが異なるとのこと。
・これはその説を証明する必要があるようです。
・そこで、「北陸の魚」と言えば「冬」でしょう!と、
冬に研修旅行を組む案が出てきました。
・ということで、「キリンビール北陸工場見学」+「イオンの魚の味比べ」
を目的とした研修旅行について、
積み立てをすべきかどうかも含めて議論したく願います。

そして、数日前に「もりのいえ」にお越しいただいたダイスケ氏。
そもそも「ビール」で検索して私のブログに辿り着いただけあって、
自ビールづくりに大いに関心がある様子。
しかも加子母住民であります。
本人の希望もあり、私としても新組合員としてお迎えしたいところです。
ので、当日来て頂くことにしました。

その第二回会合を4/29(日)14:00から我が家で開くことにしました。
参加者は「一人一品」を参加費とします。
つまり、「酒の肴を持ってこい」というわけです。
ところで今回の参加者には特典があります。
実は、材の関係で知った故大橋氏。自ビール愛好者なのでした。
しかも私と同じ「グロールシュ」のボトルで作っておられました。

氏亡き後、そのボトルが使われずに置かれていたのですが、
この度いただくことになりました。その数100本!
今回の会合までに入手し、参加者に必要に応じて配分します。

ということで、ますます盛り上がる「かしも自ビール組合。」
組合に参加する資格は、
「自ビールづくりをネタに盛り上がることを良しとすること」です。
どなたでも参加できます。
よろしかったらあなたもお越しください。
スポンサーサイト