FC2ブログ
「忙しい」は、心(りっしんべん)が亡びると書きます。
言霊(ことだま)というのもあると思うので、
あまりこの言葉を書いたり口に出したくないのですが、
今日はこの話題です。

いつもわさわさと過ごしている私ですが、
特に今年の3・4・5月は猛烈にそうなることは半年前から予想しておりました。
そしてその予想は全く当たり、
まさにヒーヒー・フーフー言いながらやり過ごしてきた訳ですが、
ここにきてようやく大きな山脈を越えた気がしています。

もちろんこの先も山脈は続いておるのですが、
この先しばらくの間は、自分で時間管理できそうな感じなので、
それだけでもやれやれです。
「GWが過ぎたら会いましょう。」と言っていた方々、会いましょうね。


さて、以前にも書きましたが、私たちはとっても「スローライフ」です。
やりたい事、やるべき事がたくさんあり過ぎて、
結局一つひとつ前に進むペースがゆっくりになるという、のろまな暮らしだからです。
今回も一つのスローな決定をしました。

『なちゅらるスペース・もりのいえ』は、
この4月に自然派食品・ナチュラル雑貨の販売店としてスタートしました。
同時に、ナチュラルスイーツ・おやつの製造・販売も始めました。
でも、飲食店の方は始めかねておりました。

というのは、まず育児があったからです。
そして、店以外にもやる事がとてもたくさんありました。
ですから、始めたばかりの店のやりくりをするので手一杯だったというのが実態です。

「この上に、飲食店はできるのだろうか?」
私も感じていましたが、カミさんはもっと強いプレッシャーを感じていたはずです。
店にやって来られる方々から何度か
「いつ始めるんですか?」「始めたら是非来ますね。」「予約できますか?」
と訊ねられていましたから。

私も会う人々から何度も訊ねられました。
中には「モーニングサービスはやらんのかね?」なんてのもありました。
そのほとんどの人は、きっと普通の飲食店と同じ様な期待をされているのだと思います。

でも私たちがイメージしている飲食店は違います。
来られた方と、私達の間の敷居ができるだけ低い形にしたいのです。
商品とお金の交換だけの場にしたくないのです。

もちろん食事をとっていただくことがメインですが、
それを通してお互いのライフスタイルを伝えあい共感しあえる場にしたいのです。
ですから、今でも来られた方々とはできるだけ一緒の時間を過ごすようにしています。
商品の説明はもちろん、お茶を飲んでお話したり、家の中や周りのツアーをしたり・・・

一組のお客さんと1時間ほどお話するのはざらです。
一日に二~三組来られると、その日はそれだけで終わってしまいそうになります。
そのこと自体は私たちが好きで始めたことなので構わないのですが、
でもこのペースで飲食店を始めるとなると、結構大変なことになりそうです。
だから「どうしようか?」と考えてしまうのです。

そこで、先日話し合い、「少なくとも今年一杯は飲食店をやらない」ことにしました。
そしてもし近々、次の子供ができるなんてことになれば、ますます先のことになります。
辛い思いまでしてやりたくないものですから。
何よりも私たち家族が楽しく豊かに暮らすことが一番です。

だから飲食店はしばらくはやりませんが、「飲食の会」は思いつきでやります。
自ビール組合の会合だとか、何か良い食材が手に入った時とかにね。
今度のわらべ村イベントの様に、外に出ていくこともあるでしょう。
そういう場を経験しながら、次第に私たちなりの飲食の場が提供できればと願っています。

ということで、楽しみにしている方々には申し訳ありませんが、
これが私達のペースだと、どうかご理解ください。
あしからず。
スポンサーサイト