FC2ブログ
昨日は朝から池周りの整備でした。
もともと温泉移動用に買っていたポンプが頑張って水を汲み出してくれています。
水かさが減るまでの間、私は池の周りの石垣の掃除です。

ところがこの作業がとてもきつかった!
池の一角に、「いずれアヤメかカキツバタ」の
本当にどちらかが分からないやつが群生していたスペースがあり、
池に垂れ下がっていた部分の根を取り除こうとしたのですが、
もうすごい根を張ってくれていました。
スコップとノコギリでぜーぜー言いながら何とかひと段落。
20070815061729.jpg

午後からはこの日のメインイベント「鯉つかみ」です。
この池にもともといる三匹の鯉達に、この機会に出ていってもらうことにしていたのです。
水深が深いと捕まえられそうにないので、
彼らの背びれが見える頃まで待って、網ですくいあげました。
子供心に戻って結構楽しい作業です。
20070815061901.jpg

その後、彼らは食われたのではなく、新天地に移住していただきました。
移住先はこの地域の防火用水です。
深くて水がきれいで、虫も多く、きっと彼らには良い暮らしになるはず。

そして水源地から引いたパイプを、池をまたいで再設置します。
本当は竹の中をくり抜いて、そのなかにパイプを入れたかったけれど、
それはまた余裕が生まれた時にね。
傷んでいた「貯め槽」も洗って、とりあえずはそのまま使います。
20070815061948.jpg

ちなみにこれは整備前の池の様子。印象が変わってきたでしょ?
20070815062042.jpg

そして残った作業は最後の難関「泥すくい」です。
これは本当に難儀。
ものすごい量の泥が底に溜まっているのです。
再びぜーぜー言いながら泥をすくっていきます。

聞くところによると、この池は「うん十年前」に造られたそうですが、
その後一度も掃除されたことが無いらしい。
「うん十年分の泥か・・・」
そう考えると、今やっている作業が深い意味を持つような気もして、
何やら厳かな気分になります。

とその時に、突然「masan~♪」とラブリーな声が背中にかかりました。
振り返るとかわいい姉妹がこちらに向かって走ってきます。
そしてお姉さんがいきなり一言、
「妹がmasanに会いたいというので連れてきました。以上!」
くるりときびすを返して去っていきました。

残された「妹」、5歳だそうですが、両手を広げて「会いたかったの~♪」
何これ?加子母のどっきりカメラか?
でもよく聞くと、先日の角領の夏祭りの時に初めて会った少女だと分かりました。
確かにあの時に、やたら私に愛想良く話しかけてくる子がいたなぁ。

本音を言うと、おじさん、今は泥すくいに集中したいんだけど、
ただでさえ「今日中に果たして終わるのか?」モードになっていた時だったんだけど、
あまりに少女が親しげにいろいろ話しかけてくるので、作業の手を止め、
私は池の中に立ち、石垣をはさんで少女と会話を始めました。

そしていろんなよもやま話をしていたわけですが、
そのうちに私はあることに気づきました。
「この子はすごい子だぞ!」
話の内容は二人だけの秘密なので言えませんが、
スピリチュアル的に相当な感覚を持っていることが分かったのです。

俄然興味が湧いた私は池から上がり、
母屋の縁側で二人仲良く並んで座ってお話を続けました。
その内容ももちろん言えません。あしからず。
やがて少女の母(店の方に来てくれていたのです)がやって来て言うには、
「今からmasanのところに行くよ。」と言ったら、
「えっ。あのメガネの格好いい人のところに行くの?私も行く!」と言ってついてきたとか。

本当ですか?やっぱりドッキリじゃないの?
わたしゃこれまでの人生でこんな少女にそんな風に言われたことがないよ。
でも目の前の少女は目を輝かせて私を見つめています。
見つめ合う私たちを見て、微笑むカミさん。
「どう?嫉妬した?」
「な、なにを!?」こんな小娘には負けませんわよという横顔。
「でも分からんぞ。今は5歳でも、10年後は15歳だ。」
私も何を言っておるのでしょう。

夕刻、車の姿が見えなくなるまでお互いに手を振って別れ、
もう仕事をする気は失せました。
本当は昨日のうちに池を綺麗にして新しい水を入れたかったけれど、
そもそも厳しい状態だったしな。
ハイテンションで動き出した水周り整備隊はいきなりスローダウンです。

でも何よりもガールフレンドができたんだから文句はないでしょ。
40以上も離れた友達ができて、歳柄もなくにやにやしている私です。


○○○○○○○○○○○○○○○
今日のブログはいかがでしたか?
↓うらやましい ↓ほんまかいな
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑池の掃除は大変だ~
○○○○○○○○○○○○○○○
ありがとうございました!
スポンサーサイト