FC2ブログ
私には「おこづかい」がありません。
「まぁ何て可哀想!」と同情を受けることもありません。
というのも、「私が財布」だからです。
「では家に一銭も入れていないのか?」と言うと、さにあらず。
要は「財布は一つ」なのです。

「では使いたい時に使いたいだけ使えるのか?」「それってまるで天国のようだね。」
と世のサラリーマン諸氏に羨ましがられそうですが、
これはこれで結構大変なんですよ。
当たり前ですが使える限度があるし、決して裕福なわけでもなし。
つまり自己管理能力を日々試されておるわけです。

それでもやはり日々理想(欲)と現実(倹約)のハザマで揺れておるわけでして、
今日はその揺れる男心の打ち明け話であります。
(これをアップした時点で、カミさんはまだ知りません。)

先日、iPodを買った時に、同時にボイスレコーダーを買った話を書きました。
その後、このボイスレコーダーは大活躍しておりまして、
会議中はもちろん、面談中にこっそりと録ることもでき、
郡上踊りを録音する時にも役立ちました。早速帰りの車中で聞けたからね。
20070829070722.jpg

ところが実はそれらを買った時に、もう一つ買い物をしていたのです。
い、いやね。最初はまるでその気は無かったのですよ。
でもね、レジの傍に置いてあったのです。これが。
そ、そうですね。例えて言えば、スーパーのレジの傍に指定のゴミ袋が置かれていて、
「あ、そうそう。ちょうど今、無かったのよね。」という感覚と同じです。

それは「ヘッドフォン」です。
普通iPodを買うと、もれなくイヤホンが付いてきます。
でも私は耳の穴にそいつを突っ込むのが苦手だったのですよ。
でもそれは違いました。耳を覆う「ヘッドフォン」です。
しかも『BOSE』です。

いえ、はっきり言いましょう。『BOSE』だから目についたのです。
私の目が釘付けになったのを見て、売り子さんすかさず、
「これはもう断然違いますよ。感動モノですよ。」と絶賛の嵐。
もともとその嵐に乗るつもりでいた私はひとたまりもありません。
「いいね、これ。で、おいくらですか?」

「はい、47,000円です!」
思わず本当にのけぞりました。だってiPod二個分だよ。
流石にこの時は私の良心が止めました。
「それはあんまりです、和尚様。」

でもひるまぬ売り子さん、
「ではこの一段下のものはどうでしょう?ノイズキャンセル機能は落ちますが十分ですよ。」
「で、それはおいくらなのですか?」・・・震える私。
それは約半額でした。

ええ分かっていますよ。それでも十分高いって。
でもね。最初に聞いた金額があまりに高かったので、その時点で感覚が麻痺していたのですよ。
それでも多少躊躇した上で、えいままよ!と買ってしまった私です。
それがこれ。ケースもすごい。
BOSE.jpg

で、その後使っていますが、本当にやっぱりいいです。
「あの時に理想(欲)を前に出して良かった。」と自分で自分を褒めてあげています。
最近も同僚に「ほれ、ほれ」と見せびらかすと、
「すごいですね。これは一生モノですよ!」と羨ましがられました。へへ。

特に都会の喧騒の中にいる時は手離せませんね。
前のiPod miniの時はいろんなジャンルの曲を入れていましたが、
今度はクラシックが中心です。
そして「ジャーン!」と始まると、もう私は別世界♪
そうやって都会の喧騒をやり過ごしているのです。

さてと、ここまで書いてきましたが、
そろそろカミさんが出張から帰ってきます。
嵐の前の静けさです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
↓BOSE! そんなにいいの?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑血の雨が降りませんように・・・
☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂

ありがとうございました!
スポンサーサイト