FC2ブログ
この一週間、続けて出張していました。
ずっと室内のデスクワークです。しかもエアコンがガンガン効いた部屋でした。
もともとエアコン嫌いな私はそれだけでもヘロヘロなのに、
加えて同室の方々が煙草吸いだったので、もうドロドロ。

毎夜、やっとの思いで大阪の実家に戻り、床につきますが、関西は残暑真っ盛り!
やはりエアコン無しでは眠れません。
でもエアコンをつければ眠れるかと言えば、それもまた厳しい。
腹や肩が冷えてしまって、結局ずっと睡眠不足でした。

出張最後の日は朝から「加子母に帰りた~い!」コールを連呼し、
夕方にはもう切れてましたね。
明らかに「加子母不足」です。
ですから帰宅した時の空気が美味かったこと!
何で田舎の風は気持ちいいのに、エアコンの風は気味悪いのでしょうね?

最近特に思うのは「人は夏には健康な汗をかくべきだ!」ということ。
というのも、都会から戻った翌日に外作業をした時に出る最初の汗が、
ものすごく臭いのです。しかも濃いというのか、ドロドロしています。
いや、ま、こんな汚い話を暴露しても仕方ないのだけれど、本当です。
本人の鼻がもげそうになるのだから間違いありません。

でもその汗を出した後に出る汗は次第にサラサラになってきます。
水分を補給すればなおのこと汗の流れが良くなるようです。
思うに、汗が体中の毒素を一緒に出してくれているのでしょうね。
だからエアコンの効いた部屋でずっといると、
毒素が次第に身体に溜まっていくのだと思う。
皆さん、きっとそうなのですよ。

しかも事務作業だと動かないし、
そのくせ何故か昼時と夕方になれば腹の具合に関係なく食事を詰め込みます。
これじゃあ太るわな。

これは他人を笑っているのではなく、自分自身をあざけておるのです。
実はこの一週間で私は変わってしまったのです!
改めて状況を整理しますと、
「エアコンの効いた部屋でじっとしている→汗が出ず、毒素も出ない
→夜もエアコンをつけ、結局眠れない→疲れが溜まる
→そのくせ食い物は腹に詰める→体重が増える・・・」という悪循環。

「これではいかん!」と向かった先は、近所の温泉です。
本当は外仕事をして汗をかけば一石二鳥なのだけれど、疲れが勝ちました。
まずは毒素を出してしまわねば。

温泉に着いて体重を測って大驚き!ナント67.2kgもありました。
以前のブログにも書きましたが、私のベスト体重は63kgです。
大きく譲っても「63kg台」でしょう。
それがナント大幅に超えている。
昼食後だったことを差っ引いても、由々しき事態です。

そこで私は作戦を練りました。
「これはゆったりと温泉に浸かっている場合ではないぞ。」と。
そこで、温泉はパスして、サウナに集中することにしました。
目標は「65kg台」です。つまり1.3kgダウン以上を目指すという訳です。
それでも大幅オーバーなのだけれど、「千里の山も一歩から」です。

しかも今回はもう一ひねりを加えました。
いつもは「サウナ」→「水風呂」を繰り返すのですが、
水風呂というもの、最初はヒヤッとしますが、
中でじっとしているとそれほど冷たくありません。
これは、身体に触れている水の層が温まってくるからだと思われます。

今回はこの状態に「喝ッ!」を入れました。
水風呂に入っている間、空手の突きよろしく、拳を何度も繰り出したのです。
そうすることで身体にまとう温水がはがれ、いつも冷水が身体に触れることになります。
しかも拳を突き続けることで、エネルギー消費にもなる。

ということで、
「サウナで大汗」→「水風呂で拳突き」を10クール繰り返した私、
無事1.3kgダウンの65.9kgという数字を確認して帰ってきました。
もちろんドロドロの臭い汗も出てしまいました。
その後少し昼寝もして疲れも取れ、ようやく人間に戻った気がしています。


!!!!!!!!!!
↓私もエアコン嫌い!でもクールビズの28℃も嫌い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑坊主がそんな拳突きしてたら、相当不気味だぞ!
(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)

ありがとうございました!
スポンサーサイト