FC2ブログ
実はここ二週間ほど、黙っていたネタがあります。
「U太に、はしかにかかってもらう」プロジェクトが粛々と進んでいたのです。

「できるだけU太に予防接種をしないで育てたい!」と願うカミさんに合わせ、
私もそのつもりでいました。
そして、「幼児のうちにはしか(麻しん)にかからせてあげたい。」
という要望も聞いていました。
聞くところによると、予防接種を受けるよりも、
きちんとかかる方が丈夫に育つとか。

「でも、そんなにうまい具合にはしかにかかれるものなのかいな?」と勘ぐっていたら、
世の中には「はしか連絡シンジケート」のようなものがあるんですかね。
カミさんはしっかり情報をキャッチしていました。
「飯田で発症しそうな子供がいるらしいんだけど、行ってもいいかな?」
8/20の週、出張中だった私に第一報が知らされたのでした。

さていざそうなると、いろいろ段取りを考える必要があります。
一般的には、はしかをもらってから発症するまでの潜伏期間は10日間前後。
発症時には38℃くらいまで熱が出て、一旦収まった後に今度は40℃までに上がり、
頭から順に身体の下に向かって発疹が移っていくのが一般的な症状だそうです。
発疹が出る直前の感染力が一番強く、次第に弱まっていくとか。

となると、U太が受けるタイミングと、発症するであろう時期を計る必要があります。
もちろん、感染力が強い時期を狙って、いただきに行く必要もあります。
カミさんと入念に打ち合わせし、
8/28にカミさんがU太を連れて、いただきに旅立つことにしました。
(当時のブログで「カミさんが出張に」と書いたのは、このことです。)
この時点で、9/6-7の御岳登山の計画が無くなりました。

そしてもう一つの関門、「私ははしかの抗体を持っているのか?」という課題です。
両親に訊ねても、「そんな昔のことは知らん。」と繰り返すばかり。
でもね、はしかって大人がかかると大変なんですよ。
肺炎や脳炎になって、下手すりゃ死ぬ場合もあるらしい。
で、急遽8/27に、親父が通う老医者に行って調べてもらうことにしました。

医院に着き、早速お医者さんに相談します。
「どうしました?」
「実は息子がはしかをもらった様でして・・・」
(正確にはこれからもらいに行くのだけれど、言いづらかった。)
「ほう、はしかに!」カルテに『息子』と書く老医者さん。

「それで、私は丁度出張中なので受けることがなかったのですが、
出張から戻ると息子に接することにもなります。
ところがはしかにかかったことがあるかどうかが分からないのですよ。」
すると、お医者さんは即答しました。
「そんなもん、母子手帳を見たら分かりますよ。」

「えっ?そうなんですか?」
内心、私の子供時代に母子手帳なるものがあったのかどうか疑問を感じたのですが、
老先生があまりに断言するので、気おされて答えました。
「そりゃそうですよ。予防接種を受けたかどうかなんて、
母子手帳を見ればすぐに分かります!」

「そうか、もう一度お袋に確認してみようかな。『母子手帳見せて!』って。」
と思案する私に、老先生はたたみかけました。
「でもね、子供ははしかはかかった方がいいんですよ。ぜひかかりなさい!」

「かかりなさい。」と言ったって、U太は既にかかっていると言っているのに・・・」
と返答に困っていたのですが、
老先生の横に控える看護婦さんがニヤニヤしていたので、
ようやくカラクリが分かりました。
「先生、私に抗体があるのかを調べてほしいのですよ。」

「なんや、あんたか!わしゃあんたの息子の話をしているのかと思ったぞ!」と、
ようやく事態を飲み込んでくれた老先生。
「なら、血液検査を受けてください。はい、おしまい。」

別室で血液を抜く間、看護婦さんに訊ねました。
「私の説明の仕方が悪かったですかね?」
「いいえ、全然!ただ先生が勘違いしただけですよ。」と笑って返されました。
なかなか憎めない老先生です。

やがて私は十分な抗体を持っていることが分かり、ほっと一息です。
このような数々の困難(?)を乗り越え、
U太が発症するであろう時期である7日頃からは「U太対応ウィーク」です。

事あるごとにU太を抱きしめ、「もう少ししたら試練がやってくるが、きっとお前は大丈夫。
お父さんとお母さんが見守っているからね。」と声を掛けます。
この後大変な思いをするであろうことを知ってか知らずか、
U太はずっとゴキゲンです。裸で散歩しています。
20070912074304.jpg

でもそうこうするうちに9/10の週に入ってしまいました。
U太に変化はまるで起こらず、ゴキゲンモード全開です。
「はしかは一体どうなったのだ?」
「さぁ?」

そこで、実は同じ時期に飯田の子供から移してもらった子供がどうだったか訊ねたところ、
そちらも発症しなかったとのこと。
「ということで、U太ははしかにかかりませんでした!」
と、ついにカミさんから終結宣言!ではなく、
無風宣言「何も起きませんでした!」が出されました。
「ちゃんちゃん♪」

!!!!!!!!!!
↓はしかって、もらいに行くものだったんだ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑結局、またもらい直しってこと?ご苦労様!
!!!!!!!!!!

ありがとうございました!

p.s.
今日の朝日新聞「元気東海 百景新話」にかしも明治座が、
どーんと全面紹介されています。
スポンサーサイト