FC2ブログ
では昨日の宿題の答えを「一緒に」考えてみましょう。
というのも、本当に自信がありません。
お手数ですが、昨日のページを別に開けていただき、
並べて読んでいただければありがたいです。

まずは①ですが、これはクリタケでしょう。
朽ちた切り株に幾つか出ておりました。
まだこれからという感じで、幼菌が控えていました。
歯ごたえ良く、よい出汁も取れますが、
何故かヨーロッパでは毒扱いだとか。

②ですが、実はこれが難しい。
一見クリタケですが、柄の感じが違うし、
こいつ一本だけ生えていたのですよ。
見つけた時はチャナメツムタケか?と思いましたが、
ぬめりがそれほど無いです。
結局、今のところ、「キノコ三大中毒」の一つ、
カキシメジということにしておきます。
でもね、こいつの柄は中空だったのです。だからやはり違うだろうな。

③を見つけた時はナラタケモドキかと思ったのですが、
柄につばがあるので、これはナラタケですね。
どちらも生食すると中毒するので、食べる時は茹でこぼしていただきます。

④はね、一瞬食えそうに見えるんですが、
たぶんクサウラベニタケだと思います。
毒です。食ったらすぐに嘔吐、腹痛、下痢だとか。
でも死ぬことはまれだそうです。

⑤こいつも難しい。
色からネズミシメジ?なんて想像しそうですが、柄の太さが違う。
ヒロヒダタケ?とも思いましたが、柄が中空なので没。
結局分からず、とりあえずツルタケということにしておきます。
でもツルタケって希少種なんですよ。
実はこいつだけはうちの駐車場に生えていまして、
そんな希少種がこんなところに生えるものか?とはなはだ疑問。
ちなみに「食用には向かない」のだそうです。

⑥こんな色のキノコが食えそうだとは誰も思わないよね。
遠目にはアイタケやカワリハツに見えたのですが、
近づくとどうも違う。初めて出会ったキノコでした。
懸命に調べて、とりあえずモエギタケということにします。
そんな名で改めて見ると、「萌え~!」らしく見えてきます。
図鑑では、「食用になるという説もありますが、
以前は有毒説とされていたので、
食用にするのは控えましょう。」とのこと。
どっちやねん!

さてここまで書いてみて、未だに自信がないです。
こんな程度ですよ。私の知識なんて。トホホ。
でもこうやって恥をさらしながらも機会を捉えて勉強して、
少しずつ成長できればと願っているのです。
どなたか正解をご存知でしたら、是非ご連絡を!

では今から山に行ってきます。


↓少しずつ、少しずつね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑ということはキノコは今が旬?

ありがとうございました!
スポンサーサイト