FC2ブログ
少し前の新聞記事で、面白いネタがありました。
幾つかの食品を組み合わせて一緒に口にすると、
全く異なる味になることが分かったのだそうです。
では、問題です。以下の組み合わせで、どんな味になるでしょう?

①プリン+醤油
②麦茶+牛乳+砂糖
③ホットミルク+タクアン
④みかん+のり+醤油
⑤バニラアイス+醤油
⑥ようかん+バター

答えは最後に書きますが、ヒントとして、画像を載せておきます。
それにしてもすごい組み合わせですね。
「ホットミルクにタクアン」なんて、「うげっ」という感じです。
スイートポテト

みたらし団子

ウニ

イクラ

コーヒー牛乳

コーンスープ

この仕組みを解明する「味覚センサ」の開発に取り組んでいるのが、
九州大学の都甲・林研究室だそうです。
これによって、音楽の世界の楽譜を味で表現した、
いわば『食譜』ができたのだとか。

「面白そう」と言っているうちはいいですが、少々気味が悪くなりました。
これによって、科学的ではなく、「天然もの」で別の味ができるってこと?
でも、実は他人事ではありません。

我が家での食事は、玄米菜食が基本です。
言うところのマクロビオティックです。
この食事スタイル、私は気に入っていますが、
少し疑問を感じることがあります。
「○○風」というメニューが多いのです。

「鳥の唐揚げ風」「ひき肉風麻婆豆腐」といった感じです。
正直に「大豆タンパクの唐揚げ」「オートミールの麻婆豆腐」と言えばいいのに。
それはそれでとても美味しいのだから。
この疑問と、上の話題ってシンクロしていると思いません?

でも、「このスープ美味しいでしょ?タクアンを砕いてホットミルクを加えたのよ。」
なんて説明されると、やっぱり興醒めかな?


<答え>
①ウニ
②コーヒー牛乳
③コーンスープ
④いくら醤油漬け
⑤みたらし団子
⑥スイートポテト
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
スポンサーサイト