FC2ブログ
半年前に受けたオーラソーマ
その時の診断は、こんな感じでした。

「あなたは溢れんばかりのエネルギーと知識・知恵があります。
そして純粋な奉仕の精神と愛を持ち合わせています。
ただ、最近はそれらを表現しようとして、一杯一杯になっていませんか?
今あなたに必要なのは、他の人のためではなく、自分自身のための癒しです。
それには瞑想をしたり、パワースポットに行くのが効果的です。」

今読み返しても、もったいないお言葉ですが、
この当時は確かに一杯一杯になっていました。
確か上半期の振り返りでも、そんなことを書いていましたよね。

実はこの時に、もう一つのことをお願いしていました。
それは「私の絵」を描いてもらうことです。
オーラソーマを見てくれるHさんは、確か元々が画家だったとかで、
目の前の人を見て湧き出すイメージを絵にしてくれるのです。

そして数週間後にいただいたのがこの絵です。
「私の絵」をいただく前に、他の方の作品集を見せていただいていたのですが、
それはほとんどが「天使」をモチーフにしたものでした。
だから私も「どんな天使になるのやら。」「坊主かしら?」
と想像していただけに、この絵は意外でした。
イルカアップ

太陽のような光りの集まりに向かって進むのはイルカです。
その先頭を行くのが私だというのです。
私は元々群れを率いるタイプだとは思っていないので、
「皆を導くイルカ」というのは意外でした。

でも実はイルカは近い存在です。
かつて「フィンスイミング」と呼ばれる、
ヒレをつけてドルフィンキックで進む泳法を普及する団体を設立したことがあります。
設立当時は大勢のマスコミに紹介されたものです。
その時に採用したマークがイルカでした。

また、映画『グレート・ブルー』のモデルである、
ジャック・マイヨールさんとお会いしたこともあります。
彼はまさに人間よりもイルカと近い存在でしたね。

本物のイルカと接したことはないけれど、
その存在はとても近しく感じていました。
それにしても私がイルカだとは想像したこともありませんでしたが。

この絵、実は今まで納得できる場が見つからず、
しばらくは目立たない場所に置かれていました。
それがここ最近、家の片付けモードが進む中で、
ついに居場所が見つかったのです。

それは、何のことはない、私の机の真正面でした。
何でそんなことに気づかなかったのだろう?
不思議な感じです。
ま、ともかく居場所を得たこの絵、これから先の私を見守ってあげてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
スポンサーサイト