FC2ブログ
雪の中でお散歩
U太散歩2

昨夜は我が家で小さなホームパーティがありました。
「是非この人たちを引き合わせたい。」と感じた方々をご招待です。
参加費は「一人一品、あるいは一芸」です。

一度食べてとても気に入った、イタリアンレストランの『ピアット・ウーニコ』さんからは、
とても素敵なオードブルをいただきました。
前菜2

この秋に屋台を始めたモレシャンさんからは、これまた素敵なパンを。
パン2

我が家からはチーズを。右上から時計回りに、
「パルミジャーノ レジャーノ」(イタリア)
「オスター フローン」(オーストリア)
「グラン カマンベール」(フランス)
「グリュイエール サヴォア」(フランス)
チーズ2

どれもとても美味しいチーズでしたが、
グラン カマンベールは誰もが驚く旨さ!
「これがカマンベールか!」という出来です。
「カマンベールの中のカマンベールです!」と、
坂本酒店のオーナーが自信たっぷりだったのもうなづけます。

意外(?)に人気だったのが、青かび系のオスター フローンでした。
「私、ブルーチーズは駄目なのに、これはいける!」と評判でした。
モレシャンさんのパンとも愛称ピッタリ!

飲み物と言えば、まずは我が家の自ビールで乾杯。
そして出ました!ワインです。両方とも私の大好きなフランス・ボルドー産です。
右は坂本酒店店長から勧められたもので、
『シャトー・ラ・トゥール・カルネ』(オー・メドック地区)といいます。
ワイン2

私が世界で一番好きな『シャトー・ラ・トゥール』(ポイヤック地区、1級)とは、
名前は似ていますが、別物です。
4級で、値段は馬鹿高くはありませんが、
「最近特に評価が上がってきた」との言葉を信じて買いました。
いや、実に素晴らしい出来でした。

ワインがね、「枯れて」いるのですよ。
色も深紅ではなく、枯葉のように茶色がかっていました。
そして味がふわっと広がり、「おっ!いけるじゃないか!」
このワインにとってベストの飲み頃にいただいた様です。
ものすごくコスト・パフォーマンスが高いワインです。

そして左側が、私が二番目に大好きなワイン、
『シャトー・コス・デス・トゥルネル』(サン・テステフ地区)です。通称『コス』。
これは2級ですが、1級並の高い評価を得ている銘柄です。
でもとてもじゃないが、外食では注文できません。高すぎて・・・
店だと酒屋で買うよりも2~3倍取られますからね。

さて今回は奮発してこいつを提供しました。
2時間前に開栓して、デキャンティングし、ゆっくりと呼吸させました。
そしていただくと・・・あぁ、何て幸せ!
口と鼻の周りがほわっと暖かくなるような印象です。

私はアルコールは何でもOKですが、やはり美味いワインは格別です。
他にも友人から素敵なプレゼントもあり、良い時を過ごすことができました。
カミさんのスープもデザートも美味しかった。
「生きてて良かった!」と、しみじみした夜でありました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
スポンサーサイト