FC2ブログ
ブログ用

新年明けましておめでとうございます。
昨年は大勢の方に見守られ、素晴らしい一年を過ごすことができました。
本年も何卒宜しくお願いいたします。

今日初めて、あるいは久しぶりにこのブログにやってこられた方もいらっしゃると思うので、
改めて自己紹介的に書いてみます。

因みにここ最近の私たちの暮らしについては、
昨日(大晦日)のブログをご覧いただくのが手っ取り早いかと存じます。
お時間があるようでしたら、そのリンク先なども読んでいただけると、
より事情が分かるかと思いますが、何せ30個もリンクを張りましたからねぇ。
しかもその先にまたリンクが張られていたりするので、アメーバ的に広がっています。
全部読み切ると相当な時間を食うことでしょう。あしからずご了承下さい。

さて私・masanは50が見えてきたオヤジです。
大阪で生まれ、東京・八ヶ岳・丹波篠山経由で、
2005年の春に岐阜県の山里・加子母(かしも、現在は中津川市)に移住してきました。
その途中でカミさんと出会い、2004年元旦に入籍。
加子母に越してきた年の秋に息子・U太が生まれました。

私たちは結婚式も披露宴も開かず、指輪も渡さずに、3ヶ月のハネムーンに出ました。
向かった先はオーストラリアとニュージーランド。
目的は、「パーマカルチャー」と呼ばれる、
農的暮らしをベースにした循環型ライフスタイルを学ぶためです。
その先進地の家々を、約2週間毎に「ウーフ」というスタイルで過ごしながら回りました。

旅の最後には現地で2週間の『パーマカルチャー・デザイン・コース』を受講。
英語オンリーの授業に泣きながらも無事修了して帰国。
旅の間、ほとんどずっとくっついて暮らしているうちにいろいろ話し合い、
「帰国したらこういう暮らしをしたい!」という想いを、
『私たちの将来ビジョン』にまとめました。
そのテーマは、「自然の中で、自然に学び、そして自然体で暮らしたい」というもの。
そしてそのビジョンを実現できる土地を探す旅に出たのです。

当時仮住まいをしていた丹波篠山を皮切りに、
京都・美山→滋賀・鯖街道→滋賀・伊吹山→岐阜・白鳥→岐阜・郡上八幡
と旅は続きましたが、なかなか見つかりません。
外からやってきたどこの馬の骨かも分からない怪しいカップルに、
土地や家を紹介してくれるところは無かったのです。

最初に土地を探すようになってから2年が経ち、
たまたま知人が以前暮らしたことがあるという加子母にやってきました。
当時まだ村だった加子母の人々はとても暖かく私たちを迎えてくれました。
『私たちのビジョン』を見せたら、「ならばこの村でやってみな。」と家を探してくれたのです。
そして見つかったのが今の家です。出会いからわずか2日間のことでした。

やがて越してからの私たちの暮らしは、このブログにずっと書き連ねてきています。
もう既に900話を超えていますので、
詳しくはさかのぼって読んでいただけるとありがたいですが、
このブログによく登場するテーマのキーワードを以下に並べます。

【家の中の暮らし】
古民家の改修、オーダーメイドの薪ストーブ『ロビタ』、薪ストーブ・オーブン、五右衛門式のホーローバス、自ビール、ホームパーティ、キャンドルナイト、自然食、自然療法、省エネ、音楽、照明、炎、香り、お酒全般、作務衣、着物、坊主頭、

【なちゅらるスペース「もりのいえ」】
オーガニック、マクロビオティック、パーマカルチャー、料理教室、お散歩の会、

【家の外の暮らし】
仙人修行、森、木、太陽、月、土、水、風、スパイラル・ガーデン、その他パーマカルチャー・ガーデン、自然農、野菜、ハーブ、稲(古代米)、山菜採り、キノコ採り、キノコ栽培、岩魚の養殖、薪づくり、畑の開墾、湧き水の確保、雨水タンク、烏骨鶏、甲斐犬「ゴン」、天ぷら油で走る予定のディーゼル車『善きかな号』、温泉、狩猟、

【地域との関わり】
まつり、笛、郡上踊り・唄い、念仏、その他地域行事、国際交流、加子母の紹介、

【仕事に関して】
会社(研究所)、経営コンサルティング、文化事業、ISO9000(品質マネジメントシステム)、ISO14000(環境マネジメントシステム)、これからガンバルISO22000(食品安全マネジメントシステム)、5S、

【ライフスタイル、その他】
家族、友、人、愛、夢、ビジョン、リアリティ、自然出産、自然育児、健康、自然治癒力、食、癒し、気、流れ、オーラソーマ、ホメオパシー、精神的な豊かさ、和、環境、自然エネルギー、原子力、教育、福祉、IT、カメラ、お勧めの店、陶芸、漆器、自作、自己流、多様性、「ありがとう」「ごめんね」「ごくろうさま」、「ま、いっか」、

などなど。
見ての通り、タイトルは『山暮らし日記』となっていますが、
書く範囲はかなり広がっています。
それはその時々に私が想う事「そのまま」だからです。
「さぁブログを書こう!」とした時に、私の頭の中でちょうど開いた引き出しから、
その日のブログが始まります。

そんな作業をコツコツと続けているうちに「塵(ちり)も積もればなんとやら」ですが、
このままいけば今春には『千夜一夜物語』達成か?
ありがたいことに続けて読んでくださる方も増えてきました。
そういった方々に支えられ、今も続けています。

ということで今年も第一話が始まりました。
お付き合いの程、宜しくお願いいたします。

↓一日1クリック!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト