FC2ブログ
年を経る毎に冬の過ごし方に年季が入ってきておりますが、
この冬は一段と快適になってきています。
その筆頭はこれです。
fashy.jpg

分かります?湯たんぽなのです。
湯たんぽと言えば堅いタイプのものが日本では主流でしょうが、
ヨーロッパではこのふにゃふにゃタイプが多いのだとか。
『fashy』というドイツ製の湯たんぽです。

初めてこいつをカミさんから見せられた時、私は思いっきり馬鹿にしました。
「こんなおもちゃみたいな、しかも原色ギラギラのケミカル風なものは好かん!」
ところが実際に使ってみると、とても便利なのです。

まず、ふにゃふにゃしているので、邪魔になりません。
身体の線に合わせて置けるので、
腹の上や、うつ伏せになって首の上、腰の上などに置くと、もう極楽!
サンパツ屋で蒸しタオルを置かれた時の至福感です。

そんな訳で、すっかりfashyファンになってしまった私。
更なる快適さを求め始めました。
ところで、日本には古来からこういうタイプの寝具があります。
名前は知りませんが、寝る時に足元に入れる小さな炬燵(コタツ)です。
昔のコタツ

こいつを何とか復活させられないものかと画策していたのですが、
実際にこいつを布団に入れると、
ちょうどふくらはぎが足に当って落ち着かないです。

そこで他に何かアイデアはないかと模索が続きます。
「そうだ、段ボールを使えばいいではないか!」
聞くところによると、巷で段ボールハウスに過ごす人は、意外に快適なのだとか。
早速段ボール箱を設置し、中にfashyを入れます。
段ボール

次に炬燵布団をかけます。
コタツ風

そして掛け布団を敷いて出来上がり!
これで足元は暖かくて楽チンモードです。
実際に寝てみても快適そのものです。
布団完成

でもねぇ、意外にも新たな課題が発生。
自宅での寝室があまりに快適なので、出張する時とのギャップが大きくなってきたのです。
まさかfashyをいつも持ち歩いて、寝る前に段ボール箱を探す訳にはいかんからなぁ。
快適な暮らしづくりはまだまだ続きます。

↓一日1クリック!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト