FC2ブログ
腰痛、鼻風邪がようやく治まってきました。
先日書いた通り、いろいろ不健康な私ですので、
こんなことで安心しておってはいかんのですが、
ともかくひどい状態から脱して、やれやれです。

さて私の健康に関して、その後我が家ではいろいろ話題が出てきているのですが、
当面の課題として、
「また鼻水や痰が出てきたらどうしようか?」というのがあります。

私はもともと「エヘン虫」をよく飼っておりまして、
年中偉そうに「エヘン、エヘン」と言っております。
なんてことを暢気に言っておる間はいいのですが、
痰が喉の奥に溜まるとやっかいです。肺炎になりかけたこともあります。

本来は「どうやったら痰が出なくなるか?」を考えるべきですが、
それはそれとして、
「出た痰をどうするか?」を考えておくことが先決です。

ということで、一人で勝手に『痰切り隊』を結成しました。
でも世の中には同じような悩みを持つ隊員がいるもので、
こういうやりとりも見つけました。
でも私はこんな「良回答」では満足できません。

「そうだ!掃除機で吸い出したらいいんだ!」と思いついた私は、
ここ最近、暇があれば「痰吸出し器」の開発に情熱を注いでおります。
掃除機と言っても、大きなやつではありません。
「ハンディタイプのやつの先っぽに管を付けて、
そいつを喉の奥に突っ込めば吸い出せるのではないか?」
ハンディクリーナー3

課題は吸った後の痰をいかに衛生的に破棄するかです。
そこで浮かんだのが、『ママ鼻水トッテ』
カミさんがU太の鼻水を吸いだすのに重宝しているものです。
こいつの売りは、ダブルチューブの間にあるボトルに鼻水が溜まるので、
チューブを吸う口の中に入ってこないのです。う~ん、優れもの!
ママ鼻水トッテ2

で、こいつをハンディクリーナーにつなげるといけるんじゃないか?
後はどうやってうまくつなげるかです。
そんなことをあれこれ考えていた昨日、
テキトーに検索していたら、たまたまこんなものを発見しました。

なになに、『スッキリ吸う太』だと?
どうも福祉用具の範疇にあるやつらしいですが、
この手の商品はなんでこんなに安易なのでしょうか。
ともかく発想は我が隊と同じ。う~む、先を越されたか!
いきなり、『痰切り隊』解散の危機です。

でも値段がなぁ。痰を取るのに35,700円は高いよなぁ。
ところがこういう論文を発見したので、流して読んでみたところ、
確かに衛生面や安全性というのは大切です。
安易にハンディクリーナーで吸引して、パイプを喉の奥に突っ込むのは危険か?

さてどうしよう?
少し粘ってみます。(最近、粘ることが多いです。)

↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト