FC2ブログ
ここしばらくは自宅でデスクワークをする機会が多いのですが、
デスクワークをし続けるにはとても大きなハードルがあります。
それはU太。

膝の上に乗る、後をついてくる、食後、背中に乗ってくる・・・
これはもう、「まとわりついている」と呼んでも差し支えないでしょう。
問題なのは、そういうことを私が嫌ではないということです。
つまり、仕事にならないという訳です。

仕方がないので家を出て、デスクワークができる場所を探す旅に出ます。
まず身近なところで、加子母図書館に向かいました。
悪くはないのですが、暖房がきいていません。無いと言う方が正しいかも。
ですから1時間もすると手の先がカチンコチンになります。
あえなく脱出。

そんな旅を続けているうちに、とても快適な場所を見つけました。
『恵那市中央図書館』です。
ここは昨年夏に移転新築したばかりの図書館でして、
「綺麗」「広い」「快適」の三拍子です。
外観もこんなに素敵。左脇に何故か機関車がいる。裏は本屋という都合の良さ。
恵那図書館

館の入り口にはこんなプレートが。そうなのです。
岐阜・愛知を中心に、何と関東にまで出店している『バロー』
創業者・伊藤喜美氏は恵那市の人なのです。
恵那店はバロー第一号店だそうです。
伊藤文庫

聞くところによると、
伊藤氏は若い頃に十分に勉強をすること、本を読むことがままならず、
とても苦労されたとか。
そこで、次の世代に是非本を読んでもらいたいと、この図書館を寄贈されたとか。
素晴らしい志です。

今の世、いろんな社会活動がありますが、
こういう活動こそが社会還元だと感服いたします。
そして私もその恩恵に授かります。
館内もこんなに素敵!本の数もすごく多い。また子供コーナーが充実しています。
(撮影許可を取りました。)
館内

この図書館、市民でなくても誰でも借りられます。
借りる冊数は無制限!いや立派!応対も問題なし!
こんな素敵な図書館があるなんて、本当にありがたいです。
自宅から小一時間かかるけれど、苦にはなりません。
かくして、ようやく安住の地を見つけた私は、こちらに通い始めています。

↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト