FC2ブログ
2008.02.11 発表します!
カミさんが妊娠しました!

先日、吉村医院に行ってきて、確認できました。
でもまだ小さいので予定日は確定できないとのこと。
一応、9/19という仮予定日を教えていただきました。

ということは、U太の予定日が9/15で、実際には9/13だったから、
「ほぼ同じパターン」ということ?
これを『パターンA』と呼びましょう。

そして、カミさんの実家はすごいことになりそうです。
義妹と妹も妊娠しており、今年中に生まれます。
しかも妹はこちらとほぼ同じ予定日、つまりパターンAです。

この一家の繁殖ぶり、いや繁栄ぶりはすごいです。
数年前まで、ご夫婦と三人の子供だけだったのに、
どんどん子供たちが結婚して、続けて第一子を産み、
そして今年は揃って第二子を産むことになります。
つまり家族構成が、5人→8人→11人ときて、今年中に14名になる予定です。
この一族を『ネズミ算一家』と呼びましょう。ねずみ年におめでたいことです。

ところで、今回の妊娠検査ですが、
当初は近所の市立病院で済まそうかとも考えていました。
でも、先日の佐藤初女さん講演会の際に出会った方から、
その方の娘さんも吉村医院で二人目を出産予定とのことですが、
「早めに顔を出して予定を入れておかないと、いざ吉村医院で産めなくなるかも。」
とのアドバイスをいただいたので、急遽出掛けました。
吉村先生にいの一番に報告したいというのもあったしね。

吉村医院に着くと、スタッフの方がとても気さくに出迎えてくれました。
毎日ブログをチェックしてくださっているとのことで、ありがたい限りです。
まだ二人目なのに、私たちはもう「常連さん」のような馴れ馴れしさ。
受付

恐縮したのは、診療室入り口の壁に、私たちが日本農業新聞に紹介された記事と、
『なちゅらるスペース・もりのいえ』のちらし裏表が張ってあったことです。
とてもありがたいけれど、いきなり読んだ人は関連性が分かるかな?
壁ちらし

吉村先生は先月大病になり(確か十二指腸潰瘍?)、死にそうになったとか。
「死にかけたのはこれで5回目だ。」と笑っておられましたが、少々顔色が良くない?
是非また回復されて、快弁を聞かせてください。
先生と小

さて、無事妊娠が確認され、帰宅しますが、
実はこの前夜頃からカミさんは体調を崩しつつありました。
そんな中、狭い車に乗りっぱなしで、無理をさせたか、
帰宅早々に寝込んでしまいました。

「咳と痰が出る」「足先が冷える」「目の周りが痛い」「腰や背中が痛い」
とのことですが、ほどなく私たちにもその症状が移ってしまいました。
私も一日遅れで全く同じ症状です。膝と頭も痛い。
U太は咳がひどくて辛そうだけれど、むずからないで我慢しているのが健気です。

かくして一家三人で寝込む週末になってしまいましたが、
私たちは今回、妙に落ち着いています。
というのも、U太を妊娠した時もカミさんは同じような症状になりました。
高熱を出してもっと辛そうでした。

でもその後、一気に体調は戻り、以前より増して元気になったのです。
まるで高熱が身体の中の毒を全部出してくれたかのように。
だから今回もこのパターンかも?つまり『パターンB』です。
しかも今度は家族揃ってパターンB。

初春の風邪は、春に備えて排毒してくれるとも聞いたこともあり、
この辛さを一家で乗り越えて、気持ちよく春を迎えようではないか。
そんな気概で、ひたすらに寝込んでおります。
まずはカミさん、ここまでご苦労さん。
カミさんのブログもどうぞ。)
↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト