FC2ブログ
今年度もいよいよ最後の日となりました。
春の訪れに合わせて怒涛のような日々が続いていますが、
いろんな段取りも見えてきました。
その一つ、田中優さんの講演会のお知らせです。

昨年夏に映画『六ヶ所村ラプソディー』を観て以来、
「何か事(コト)を起こしたいね。」と話し合ってきた私たちですが、
一つの形になってきました。
これがそのチラシです。表の方はかみさんが作りました。絵のタッチが素朴です。
是非画像をクリックして読んでください。
<表>
ちらし表中

<裏>
ちらし裏中

チラシにあるように、講演会の主催は「21世紀クラブ」です。
かみさんを含めた主要スタッフがこの会に入会したこともあり、
21世紀クラブが開催費を出してくれることになりました。
おかげで無料の講演会を実施できるようになりました。
感謝、感謝です。

私はというと、表には出ず、かみさんの知恵袋として協力しています。
当日は駐車場係くらいをしていることでしょう。
今回はかみさんのママ友達が一緒に考え、行動することに意味があると思います。
一つの行事を行うというのは、慣れていないと何かと苦労がつきものですが、
そんな経験もまた糧になります。
田中さんもそういった姿勢を汲んでくれてか、随分と安い講師料にしてくれたとか。
これにも感謝です。

田中優さんは最近までピースボートに乗って南極に行かれてました。
温暖化が想像以上に進んでいることを目の当たりにしてきたようですが、
何よりも「実際にこの目で見る」姿勢は立派だと思います。
私もついて行きたかったくらいです。
田中さんのメルマガにその様子が書かれています。
「転送大歓迎」とありますので、遠慮なく転載させていただきます。
長いですが、是非ご一読を。

・・・・・・・・・・
 今回、ピースボートのお手伝いで船に乗ったのですが、南極に船で向かうときには、必ずアイスパイロットという船長の上に位置するパイロットを配置しなければならないことになっています。今回乗船してくれたパイロットは、ブエノスアイレス在住のドイツ人。世界で5人しかいないアイスパイロットの一人で、最も多く南極を航行している実績のある人です。

 その人に温暖化問題を聞きました。「温暖化は進んでいるなんてもんじゃない。これまでは氷山にぶつかるので、とてもこんな大きな船で行けなかった。それに比べたらこの仕事自体がとても楽になったよ(笑)
 温暖化の進み方はものすごい。ぜひ今のうちに見に来てくれ。このままじゃ氷がなくなってしまうから」と言っていました。

 しかも南極の歴史は浅いのです。200年前に探検家が、「おそらく氷の下に大陸がありそうだ」と言ったのが始まりです。しかし今行って見ると、誰の目にも明らかに氷の下に隠れていたはずの陸が、黒くはっきりと見えるのです。「なぜ大陸だと分からなかったのか」と不思議に感じてしまうほどなのです。むしろ南極半島では、全面的に真っ白な峰のほうが少ないほどでした。

 アイスパイロットは「人々の努力は間に合うと思いますか?」という質問に対して、「手遅れだね、人の努力なんてピーナッツみたいに小さなものにすぎないのだから」と言っていました。
 同意するわけではないですが、彼こそが最も長年にわたって、南極を見てきた人であることを考えると、暗然とした気持ちになります。

 こんな記事があるのですよ。

【南極西部で1.6倍、半島は2.4倍=氷流出量、10年間で】
 南極大陸の西部では、2006年に氷床から海に流出した氷の量が1996年に比べて1.6倍に増え、南極半島では2.4倍になったとの推計を、米カリフォルニア工科大などの国際研究チームが14日、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスの電子版に発表した。昭和基地がある東部ではほぼ変わらなかったが、地球温暖化の影響で氷河の流れが局地的に加速したとみられる。
 地球温暖化で南極大陸の氷が長期的にどの程度流出し、海面上昇に影響するかをめぐっては、周囲の大気や海水温の上昇によって流出量が増える一方、氷床のもととなる雪の量も増えるとの見方があり、議論が続いている。
 研究チームは、欧州やカナダ、日本の人工衛星が観測した92年から06年までの南極大陸沿岸での氷河の動きから流出量を計算し、コンピューターの気候モデルで計算した降雪量を差し引いた。
 その結果、南極大陸西部では06年の氷の流出量が約1320億トンと96年から59%増え、南極半島では約600億トンと140%増加。南極大陸全体では約1960億トンと、75%増えた計算となった。(2008年1月14日の時事通信)

 この半島部を見てきました。南極はオーストラリア大陸の二倍の大きさですからとても全体を見ることはできません。しかしその美しさはものすごいです。南極はまさに聖地というにふさわしい場所でした。
 その聖地を壊すという一点だけで、ぼくは温暖化を許す気にはならないです。
・・・・・・・・・・

帰国後の田中さんの講演会は、連日立ち見も出る大入りだそうです。
今回の恵那の講演会もとても楽しみです。
私は加子母の多くの人たちに見てもらいたいと願っているのですが、
当日は地元で他のイベントもあり、そちらに行く人も多いだろうな。
でもせっかくの機会なので、できる限り多くの人にこちらも見てもらいたいです。

今日のブログを是非紹介なり、転送して周りの方に伝えてください。
そして環境について互いに情報を共有して、
私たちのこれからの暮らしについて話し合い、行動するきっかけにしてもらいたいです。
よろしくお願いします。
かみさんのブログもどうぞ。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト