昨年初めて試してみた、「ウドの土かぶせ」。
4月末にカバーをかけて、わらべ村のイベントの時期(5月末)に取り除いたら、
ことのほかうまく茎が白くなりました。
そこで今年も同じパターンで狙います。

100株のうち、10株だけカバーをかけたのが4月20日。
今年は山菜の育ちが早かったので、昨年よりもよく伸びていましたが、
強引に土をかぶせ、カバーをかけました。
sウドカバー

そして月末にカバーの中を覗いてみると、
なんとまぁ既に土をやぶって出てきておるではないか。
今年は本当に成長が早いです。
sカバーの中でも

土をかけない株は、既にこんな状態。
s育ったウド

このままだと山菜シーズンは早々に終了しそうですね。
でも白ウドづくりにとれば、かえって良いかも、
というのは、昨年は5月末の時点では茎が十分に太くはなっていなかったのです。
その点、今年はきっと成長が早いだろうから、
太い茎になるかも?
さてどうなりますやら。今月末が楽しみです。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ