あのですね。
私は今、昨日体験したことをどこまで公表すべきかずっと思案しておるのですよ。
というのも、これを公表することで、
ひょっとして私のことを色眼鏡で見る人が現れるのではないかと考えるからです。

でも、これまでも既に日々の生活を開けっ広げにしてきていますので、
「何を今更」という指摘もあるかと思い、ざっくばらんに書いていくことにします。
まずは、全く当たり障りのない前半からです。

「環境」に対して昨年末からいろいろ模索している私です。
「中津川自然エネルギーの会」なるものがあることは以前も紹介したかと思いますが、
実はこの会とはひっそりとコンタクトを取っておりました。
そして3月には会員になり、
4/27の田中優さんの講演会には会長さんと事務局長さんも来てくれました。

その会の会合があると聞いて参加したのが昨日の午後です。
集まったのは11名。そこそこ年配の方が見受けられます。
それぞれの自己紹介の後、会場近くの水力発電現場の視察が始まりました。

現地に着いてビックリ!
正直言って、「こんなんで発電するの?」という代物です。
だって普通のU字溝から流れる先に、
s水路

水車があって、
s回る水車

発電機があって、
s発電機

バッテリーにつながっているだけなんだもの。
sバッテリー

しかもバッテリーの手前のコンセントを見て分かります?
発電機からの配線と、バッテリーへの配線と、電球への配線が交差しているのです。
「本当にこれで電気ができているの?」
でもおかしなことに、確かに電気は点いています。(画面中央やや左です。)
s点灯

これはある意味で「目からウロコ」でしたね。
こんなんで電気ができるんだ。
ちょっと呆気に取られたと言うか、呆れたと言うか・・・

その後、場所を変えて近くでビオトープを開拓した所に向かいます。
そこでは、NHKのディレクターを退職した方が、
自力で田んぼを改造した地が広がっていました。
絵に描いたような田園風景です。
s田園風景

聞けば、ゲンジホタルの餌になるカワニナを育て
sカワニナ

メダカを育て、
sメダカ

カブトムシも育てているとか。
sカブトムシ

その一角に立つテラスで後半の会合が開かれました。
これってまるで「自然観察の会」のようですが・・・

会ではいろいろ決まっていく中で、
田中優さんのDVD映写会を是非という声や、
我が家で会合をという声も出てきました。
最初はおとなしく聞いているだけのつもりでしたが、
いきなりいろいろ係わることも増えてきそうです。

そして会合が終わって、さぁ帰ろうかという時に、
会長さんが近寄って囁きました。
「masan、あなたを是非紹介したい人が近くにいるんだけれど、
まだ時間はあるかい?」
「それほど時間は無いのですが、別に構いませんよ。」

その後、会長さんの車について向かった先で、
思わぬ展開が待っていました。
(つづく)

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ