*トップ画像を変えたら、文章が消えてしまうという現象が起きたので、
 急遽別のテンプレートに差し替えます。
 またブログ設定の旅が始まりそうです・・・


以前買ったレールおもちゃは、
実にいろんなパターンを創造することができます。
幸いなことにうちの家は広いので、もう線路をつなぎ放題。
最近はU太が一人でつなぐことが多いのですが、
今回は私がこんなパターンにしてみました。
レールつなぐ

どんな反応を示すかと見ておりますと、
「てゃぁたんこっち!」と言いながら、自分の隣に座布団を置きました。
はいはい、こちらに座ればいいんですね。
「てゅう。」これはYesという意味です。
何故か撮影の瞬間は天井の灯りを見ておりましたが。
お父さんこっち

最近はこうやって傍に呼ばれることが多くなりました。
面白いなぁと思うのは、普段はお母さんとずっと一緒にいますので、
当然ながら何かとお母さんに甘えています。
ところがその場に私が登場するや否や、
「かぁちゃんあっちいこ!」と叫ぶのです。

これは「お母さんは向こうに行ってください。」という意味です。
そしてすかさず「てゃぁたんこっち!」
「お父さんはこちらにいらっしゃい。」という意味です。
つまりは選手交代という訳です。

その身代わりのあまりの素早さに親はいつも大笑い。
そしてお母さんの去った後に残された二人はしっぽりと楽しむのです。
その楽しみ方はすごいよ。
昨日なんて、うちの布団おもちゃ(客間に重ねた布団の山は、
いつ飛び込んで遊んでも良いことにしているのです)で、
お鼻とお鼻がくっつくくらいに近づいて寝転びながらゴロゴロしていました。

そんな時にU太は必ず「てゃぁたん、ちゅき!」と言ってくれます。
もうお父さん、メロメロですよ。
そんな私たちを目撃したお客さんもいらっしゃると思います。
私が客の立場だったら引きますね。
それくらい最近のU太と私は、もうラブラブです。

一方、「あっちいこ!」と退場させられたお母さんは、
ひがんでいるかというと、さにあらず。
一瞬でも子供の手が離れた隙に、これ幸いと家事をこなしています。
こうやって、U太と私がキャハキャハ楽しんでいる声がこだまする中で、
お母さんがニコニコしながらかいがいしく家の事をこなすという、
理想的な暮らしのワンシーンが我が家で何度も繰り広げられています。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ