ついに加子母にイタリア料理のお店ができました。
GW前にオープンしたのですが、
開店直後はきっとわらわらしていたでしょうから遠慮して、
昨日初めて行ってきました。

古民家を改造した店の外観は、ややおとなし目です。
店名は『イル フィオーレ』
(岐阜県中津川市加子母3774、電話:0573-79-3911)
意図的なのか、国道からの誘導もないので、知らない人は気づかないかも。
加子母のJAの近くと書いておきましょう。
1外観

店内に入るとビックリ!
結構気合が入っています。
私は正直言って「家庭料理を出す店」のイメージを持っていったのですが、
なんのなんの、本格的コースをいただくような雰囲気です。
2店内

厨房を覗く側はこんな感じ。
オーナーシェフが奮闘中です。
3厨房を見る

この店は一つ、ものすごいところがあります。
それは店内に置かれている「お店の紹介とおことわり」に記されています。
クリックしてご覧ください。
4おことわり

ね、すごいでしょ?乳製品を使わないのですよ。
例えばチーズを使いません。イタリアンなのに。
これってすごく勇気のいることだと思います。
でも、アレルギーのある方には朗報でしょうね。
そうではない人からすると、期待半分、不安半分というのが正直なところでは?

では早速ランチをいただきましょう。
前菜、もしくはスープを選びます。
昨日の前菜は、「鴨の冷製とホタテのクネル」。
スープは、「たまねぎと、さつまいものズッパ」。
フォカッチャは食べ放題です。
5前菜

6スープ

パスタは、「パンチェッタとナスのトマトソース」、
もしくは「鶏肉とタケノコのペペロンチーノ」から選びます。
8トマト

7ペペロンチーノ

そしてメインは「鮭のポワレ」でした。
9メイン

これにコーヒーあるいはエスプレッソが付いて、1500円。
頑張ってますねぇ。
ちなみにメイン抜きだと1000円です。
これはお買い得です。

味は勿論どれも美味しかったですよ。
「チーズ抜きのイタリアンなんて・・・」と言うのは撤回です。
いやはやここまでやるとは大したものです。
お昼時、4つのテーブルとカウンターは満席になっておりました。

本当に本音のところで、
この山里で、これだけ食材を制限して始められた決断力に喝采です。
私たちも大いに勇気付けられました。
そして加子母の自慢がまた一つ誕生ですね。

「ところで、masanたちはいつ飲食店を始めるんだい?」と、
これまでも雨あられのように質問を受けております。
そうですね。私たちは私たちなりのスタイルでデビューする日がいつか来るとは思います。

でも今は何と言っても出産と育児が第一です。
それまでは、訊ねてきてくれる友人知人たちに振舞うことで練習を重ねているところです。
あとは資金次第ですね。
さぁ、一体いつになることやら・・・

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ