ここ数日、晴れた日が続きました。
こんな時、デスクワークは脇に置いて外で作業です。
この春ある仕事を優先したことで、いろいろと他の事を犠牲にしました。
その一つが畑作業です。
ですから今は、うっぷんを晴らすかのように喜々として畑作業に出ます。

まずは何と言っても草刈りです。
もううちの周りはすごいことになっているからね。
雑草って、遠目に見ていると大したことがなくても、
近づくと意外に生えていて、刈るのに苦労するものです。

なのに我が家ときたら、遠目に見てもすごいものですから、
近づくともう大変です。
「どうしてこうなるまでほおっておけたのだろう?」と
自分を信じられなくなるほどです。

草刈りの一番丁寧なやり方として、私は以下の手順を踏んでいます。
1.まず、残したい樹や苗の周りは鎌で刈る。
2.次に金属刃のついた草刈り機で、あらかた刈り取る。
3.最後に、ヒモ式の草刈り機で、石垣や金属モノの際の草を刈る。

不精をして1の手順を抜かすと、つい苗を切ってしまい、
「あぁ、またやってしもうた・・・」と落ち込むことになります。
これまでの人生で何度こういうことを繰り返してきたことか・・・

そこで今回は1から手がけることにしました。
残したい苗に一本ずつ声を掛けながら周りを刈り取りますが、
ウドだけでも100本あるからね。
全てで相当な手間がかかります。

U太は私の周りを常にうろちょろ。
最近は何でも「U太もやる!」と言って真似をします。
鎌使いも少しずつ上達してきました。
1鎌2

草刈り手順2が進む中で、かみさんからリクエストが。
「サツマイモの苗を買ってきて植えたいのだけれど・・・」
了解。今回は「関八」という銘柄と、紫イモ系のものを買ってみました。

サツマイモの畝の土は粘土質ではなく、砂地系がよろしいようです。
「ならば、池の底をすくった時の泥を使おうか?」
これは良いアイデア。
昨年夏にすくった泥が脇に置かれたままで見苦しかったので、
これが無くなれば池の周りも綺麗になって一石二鳥ではないか。

ところが、「言うは易し、行なうは難し」です。
というのも、その泥の上には既に雑草の山が!
こりゃひどい。何でこうなるまでほっとけたのか?
2泥その後

つべこべ言っている場合ではない!
さっさと一輪車に載せて運びます。
ところがここでU太登場。「U太もやる!」出た~。
私がシャベルですくう隣でU太はスコップですくい、
一輪車を押す時も私との間に入って一緒に運びます。

はっきり言って一人でやる方が早いし、
腰が伸びた姿勢をしなくてすむのだけれど、
これもまたコミュニケーションというものでしょう。
何よりもU太のやる気をそぐ必要はまるでありません。
だってこんな時のU太は本当に嬉しそうで、自慢気なんだもの。
こういうのが「幸せな瞬間」なんですよね。

そうこうするうちに何とかなるもので、
池の前は相当綺麗になりました。
石垣の中には果樹も植え、これから先が楽しみです。
3池整備第一弾1

左側は少し前に綺麗にしていました。
手前のカエデが大きく育てば、
カエデの木陰で岩魚に餌やりができるようになります。
4池整備第一弾2

その岩魚と言えば、結構大きく育ちました。
もう食べ頃でしょう。
近々友がやって来るので、初釣りを楽しむつもりです。
5育った岩魚

一ヶ月少し前に種おろしをした稲の苗床。
様子を見ると、無事育っていました!
3~5cmというところです。
こちらは黒米。
6黒米出た

「コシヒカリは難しいよ。」と聞かされていたのですが、
無事こちらも出てきました。
嬉しいなぁ。やはり稲の成長を見ると本当に気持ちが和らぎます。
雑草を抜き取り、綺麗にしてあげました。
これもまた幸せを感じる瞬間です。
7コシヒカリ出た

他にも、石垣についた草取りや、苗の移植や補強など、
この数日でいろいろこなしました。
でもやればやるほど、「あぁ、これもやらなきゃ」という作業が目につきます。
例えばこんなことがありました。

・・・・・・・・・・
玄関脇の貯め槽にメダカを育てているのですが、
気がつけば水が随分と少なくなっていました。
「よし、池から水を汲んでこよう。」と、
バケツを二個持ち池に向います。

すると、池の水が濁っていることに気づきました。
「そうだ、用水から水を入れ込んで綺麗にしよう。」と、
用水の取り口に向います。

用水からの水が池に入ることを確認した時、
池の傍にクリンソウが一輪咲いているのに気づきました。
「このままだったら草刈り機で刈ってしまいそうだから、移してあげよう。」と、
シャベルを取りに行き、そっとすくって花壇に移してあげました。

すると花壇では既に雑草が出ていたので、
つい一つ抜いては、なんてことをしているうちに、
すっかり花壇の整備モードに。

その作業がひと段落して、「やれやれ、今日はこれくらいにしておくか。」と、
玄関にやってきて、メダカの貯め槽が目に入り、
「そうだった!これに水を入れるために池に行ったのだった!」
・・・・・・・・・・
畑作業をしていると、いつもこんなものです。

そうそう、昨日紹介した積層マルチ第二弾ですが、
キノコが生えてきました。
食えそうにも見えますが、どうだろう?
ということは、積層マルチでキノコ栽培も可?
8積層マルチにキノコ

最後に作業着の洗濯です。
この作業、かみさん泣かせです。
というのも、ものすごく汚れているので、
洗濯機がドロドロになるのです。

そこで一計。用水で洗うことにしました。
両腕に竹を通し、水路幅が広いところに引っ掛けます。
すると実に良い按配!天然の洗濯機の誕生です。
これは我が家が水路の一番上流にあるからできる芸当ですね。
ありがたや。
実はこの場所でビールをまとめて冷やすテクもあるのでした。
9作業着洗い

というような作業をこなしながらここ数日を過ごしました。
「こんなことだけで暮らしていければいいのにね。」とかみさんと話します。
現実にはこれだけでは生きていけないだろうなぁ。
でも少しずつ近づけていこう。
これが私たちの選んだライフスタイルなんだから。

おっと、気がつけば長文になってしまいました。
お付き合い、ありがとうございました。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ