FC2ブログ
先日、ある方から「『今年の9月3日から29日の間に、
岡崎を中心とした三河地方でマグニチュード9.2以上の地震が起きる可能性がある。』
という予言を聞いた。」と聞きました。

その方は私たちの身の上のことは知らずに述べたのですが、
私たちにとれば他人事ではありません。
9月13日に誕生予定の第二子を、岡崎の吉村医院で産もうとしているのですから。
とすると、まさに予言のど真ん中です。

そういえば、最近マスコミによく登場する、ブラジルのジュセリーノ氏は、
当初「今年9月13日に中国で大地震が起きる。」と予言し、
その後、「それは日本の東海地方かもしれない。」と言っているそうですね。
9月13日は、U太の誕生日でもあります。いちいちかぶってきます。

冒頭の話をした方は、「そういう事態にならないように、
現在多くの力ある人々が祈っている。」とのことですので、
もし大地震が来なければ、そういった方々の努力のおかげということになるのでしょう。

さて、こういったお話を聞いてどうするかですが、
私は自分たちの予定を変えるつもりはありません。
でも、心してかかるつもりです。

車の中にもサバイバル系の準備をして向います。
「そんな準備で対応できるレベルではないでしょう?」
と言われるかもしれませんが、後は事が起きてから判断します。
ともかく気構えだけはして臨みます。

「信じる?」「信じない?」
私は正直言って、どちらでもないです。
大きな流れの中に身を任せます。
そして思うことはシンプルです。「人はいずれ死ぬ。」

そして、「地震に巻き込まれて死ぬかもしれない。」と不安になる前に、
今、この瞬間を生きていることに感謝して暮らしています。
ただそれだけです。

ところで、こういう「予言」の内容をブログに書くのって、
どんなものか?とも考えました。
ネット上のどこかに、「こういうネタを書くこと自体が噂と混乱を広げることになるので、
書く人そのものが諸悪の根源だ。」という指摘がありました。

確かにそうかもしれない。
なのに書いている私は確信犯か?

敢えて繰り返しますが、
「やってくるかどうか分からない不安にさいなまれるよりも、
今、生かされていることに感謝して、この瞬間を輝いて生きましょう。」
ということを述べたいのです。
読んでくださった方にうまく伝わりますように・・・

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト