FC2ブログ
私はあまり縁起をかつぎませんが、
我が「よきかな号」が丁度良いぞろ目になった瞬間を見つけ、
「これは縁起がよろしいわい!」と一人ご満悦。
111111.jpg
 
18日、近所の助産院に家族で行ってきました。
U太を産む時もこちらの産婆さんには事前に通い、
「もうそろそろだねぇ。」という頃合いに吉村医院に行けたことで、
とても効率的に出産を迎えることができました。
この日のブログ。エントリーナンバー35ですよ。懐かしいなぁ。)

そこで今回もその方の経験を頼りにしようとご挨拶に伺いました。
かみさんは既に来ていましたが、私は3年振りの再会です。
80歳近いとのことですが、笑顔一杯の素敵な産婆さんです。

かみさんの腹をさすり、「お、これは結構早い、かも、ねぇ。」と産婆さん。
「ほれ、頭が骨盤に入っておるわい。」と、かみさんに触らせます。
私も教えてもらって触れてみると、確かに頭の形を感じることができました。
「ということは、予定日よりも早まるということですか?」
ニヤッと笑って、「そう、かも、しれないねぇ・・・」と、含みを持たせます。

そして、「性別はまだ知らなくてもいいのかい?」と産婆さん。
「はい。当日の楽しみにしています。」と同時に答えた、かみさんと私。
そう言っているのに、「どれどれ」とか言いながらエコーを操作し、
「ふむふむ、これは○の子、かも、しれないねぇ。」と勝手に独り言。
この産婆さん、ある意味でナイスなキャラです。
かみさんは「まったく!」という顔つきでしたが。

「また今回もよろしくお願いします。」とお別れして、
翌19日には岡崎の吉村医院に向かいました。
吉村先生、前回と同じく、「問題なし!安産間違いなし!」と太鼓判。
「午後の両親学級にも参加しますよ。」と伝えると、
「そうか。あんた何かしゃべってくれ。」と言われました。

そして午後、「お産の家」の二階に向かうと、すごい人数!
ざっと50名ほどいらっしゃいました。
夫婦連れが多いのと、研修生の他、国会議員の秘書の方も来ているとのこと。
映画や本のお陰で、先生の活動が日に日に広まっていることを実感します。

さて学級が始まったのはいいけれど、
この日のU太は「じっとしておられないモード」でありました。
先日、「U太中心生活をする!」と宣言したばかりでもありますので、
ここはU太の機嫌を尊重し、私は早々に中座することにしました。

そして吉村医院を離れ、
U太お気に入りの「開かずの踏み切り」に向かおうとすると、
「あ、masanですか?」と道端で男性に声を掛けられました。

刈谷から来られたとのことで、初対面ですが、このブログをご覧とのこと。
私たちがこの日の両親学級に来ると書いたので、会いに来てくれたそうです。
へぇ、そんな人もいるんだ。ありがたいですねぇ。
ブログの力を改めて実感。

しばし立ち話をしますが、やはりU太は面白くなさそう。
申し訳ないけれど、早目にお別れして、「開かずの踏み切り」に向かいました。
(刈谷の方、一度加子母に遊びに来てね。)
そこは吉村医院のすぐ傍で、本当によく閉まる踏み切りです。
お陰でU太はここに来ると気分が良くなってくれます。

しばし遊んで再び「お産の家」に戻り、かみさんと交替して会場に入りました。
既に自己紹介が始まっていましたが、
U太のことと帰宅時刻を考えると、そうは長居できません。
するとスタッフの方が気を回してくださったのか、いきなり順番が回ってきました。

・私たちの暮らしについて
・出産を通して私たちの人生が変わったことについて
・先生の最近の著作の紹介
・そして今回一番言いたかったこと、
 「妊婦は胎児にとって『神そのもの』なのだ。」ということ

本当はもう少しゆっくりと、他の話題も交えながらお話したかったのだけれど、
U太や時間の関係で今回は早口になってしまいました。
だからうまく意図が伝わったかどうか。
むしろ、「変な人が何かワーワー言っている」ぐらいに受け止められたかも・・・

そして話が終わるや、早々に退席させていただきました。
ますます「不思議な人」だったかも。
ま、仕方ない。

帰り道、両親学級での助産婦さんの話を思い返します。
「出産予定日ちょうどに産まれる人は少ないです。
その日の前後3週間に産まれるくらいに理解してください。」
「経婦さんは陣痛の後、すぐに生まれる傾向があるので、
遠方の方は早めにお越しください。」

ふむふむ、するとうちは9月13日が予定日だから3週間前だとすると・・・
エッ!8月23日に産まれてもおかしくない訳?
23日って、もうすぐじゃん。
何にも準備できていません。心もモノも。

あれあれ、どうしましょう?
確かに近所の産婆さんは「結構早い、かも、ねぇ。」と予言しておりました。
あの産婆さん、当たるからなぁ。
これはうかうかとしておられなくなってきました。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト