最初にお知らせです。
明日、10月4日(土) 9:00~15:00
東美濃ふれあいセンターにて、
「環境フェスタ中津川」が開かれます。

天ぷら油で走る、我が「よきかな号」も屋外会場に出展し、
私が一日そちらで説明する予定です。
ブースは「中津川自然エネルギーの会」です。
(たぶん、一番隅の方です。)
お時間が合う方は、どうぞお越しください。



クレジットカード会社から届いた「ご利用代金明細書」を眺めていて、
ある項目に目が留まりました。

・・・・・・・・・・
ご利用年月日:08年9月10日
ご利用店名:アイポ ドヒ  カテンポ ドパ
ご利用代金:17,881円
・・・・・・・・・・

なんじゃこりゃ?
全く身に覚えがありません。
とても怪しいぞ!

怪しい点は三つあります。
まず、期日ですが、この日には既に吉村医院に家族で居候しており、
カードを使ったためしがありませんでした。

次に店名。
これってアフリカか、中東の言葉?
特に「ドパ」で終わるところがいやに怪しい。

最後に利用代金ですが、この金額の切れの悪さ!
これは間違いなく換金されたからではないのか?

そして当然ながら予測されるのは、「カードナンバーが盗まれた!」
ということです。
実は最近、個人輸入で幾つか買い物をしたことがあるのです。
その時にナンバーが漏れた?

かみさんに訊ねても、私と同じ反応です。
「やばいね・・・」
とにかくカード会社に問い合わせようと、電話しました。

こういう電話って、やたらナビ案内が長く、
オペレーターと直接話そうとすると、これまた待たされます。
しかも代金がこちら持ちなんて、理不尽な!

待つことしばし、ようやくオペレーターが出てくれました。
事情を話します。
オペレーター側でも戸惑っている様子です。

オペレーター「『アイポ ドヒ  カテンポ ドパ』ですか?」
私「はい、その通りです。」
「そのような店名ではこちらで受けておりませんが。」
「では何という店名ですか?」
「『iPod百貨店』です。」
「???」

でもよーく見ると、次第に分かってきました。
「アイポッドヒャッカテン」
小さい字を外すと「アイポ ドヒ  カテン」になります。

私「すると残りの『ポ ドパ』って何ですか?」
オペレーター「私どもの画面では『ポ』で切れているので、判りません。」
そんなぁ。

でも想像するに、これはiPodを売っている、つまりApple系列の店のようです。
ところが最近そのような買い物をしたことはありません。
でも以前は確かにAppleのネット上で買い物をしました。
例のキーボードが壊れた時に新調したのです。

ということは、Appleから顧客情報が漏れた?
あるいは、もしかしてAppleの陰謀か?
私に売ったことにして、請求をしてきた?

ますます疑心暗鬼になる私。
オペレーター「ともかくこちらでも詳しく調べてみます。」
とおっしゃるので、連絡待ちにして電話を切りました。

でもどう考えてもおかしい。
ちなみに『iPod百貨店』を調べてみましたが、確かに存在するようです。
そしていろいろ調べているうちに、あるページに辿り着きました。
『iPod百貨店ポッドパーク』

お前か!
明細書の記載スペースを越えたため、
「アイポッドヒャッカテンポッドパ」で文字が切れてしまったようです。
これで店名の正体が判り、一つ謎が解けました。

でもまだ謎は残っています。
その時、かみさんがポツリとこぼしました。
「あ、も・もしかして、あれのこと?」
「何だよ、あれって?」

そう、あれです。
炊いた酵素玄米を保存するジャーを買った値段が、丁度そのくらいでした。
それをかみさんがネットで注文していました。

「その時に買った店が、何故かApple系の店だったから不思議に思ったのよ。」
そういえばそんなことをかみさんがつぶやいていたなぁ?
「Appleってジャーも売っているのね?」と。

これで解決!
何のことはない。私たちはしっかりと買い物をしておりました。
ただし、店の都合で引き落とされた期日がずれていたのでしょう。

ようやくいろんな疑心暗鬼が解け、ほっと一息の私たち。
でもね、そもそも何でクレジットの明細書で、
小さい字を飛ばして印刷するんだよ!

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ