ことの起こりは一通の「お知らせ」でした。
中部電力の「電気ご使用量のお知らせ」です。
いつもはちらっと見るだけで捨ててしまうのですが、
今回はその内容に目が留まりました。

1電気使用量のお知らせ



10月分(9月4日~10月5日の使用期間)の使用量が154kwhで、
4272円の請求額です。
一方、右側の「領収書」欄を見ると、
9月分は149kwhの使用で4049円の支払いとなっています。

「ちょっと待ってよ!」と、つぶやきました。
私たちは9月7日から25日まで、岡崎の吉村医院に滞在しました。
途中、二日だけ日帰りで自宅に戻りましたが、
ほとんど電気は使っていません。

つまり19日間も家を空けていたのに、
何で先月分よりも電気使用量が多いの?

単純に考えると、待機電力が多いということでしょうが、
私は真っ先に漏電を心配しました。
というのも、うちの半分は古い碍子(ガイシ)を使っているので、
そのせいで必要以上に電気を食っているのでは?と考えたのです。

早速、中部電力に電話しました。すると、
「それはもしかしたらメーターが故障しているかもしれませんね。」
とのこと。
そうは思えないのだけれどなぁ・・・
だとしたら今までも壊れたモーターで計算されていたということか?

ともかく一度、来てもらうことにしました。
そしてやって来た担当者さん、Aさんとしておきましょう。
とても素朴そうな、嘘をつけなさそうな方です。

Aさん、我が家の過去一年少し分の
電気使用量を記した表を持ってきていました。
単位はkwh(キロワットアワー)です。
平成19年
07月  237
08月  270
09月  246
10月  240
11月  287
12月  242
平成20年
01月  283
02月  214
03月  208
04月  192
05月  174
06月  148
07月  146
08月  168
09月  149
そして今回の10月分が154という数字です。

これを見ると面白いですね。
今年の春からグンと下がってきています。
これは日々の灯り使用といったことに結構気を使ってきた結果です。
ちなみに今年の6月分で3949円だった訳ですが、
「もう一段下げたいね。どうすればいいだろうか?」と話していたところです。

A氏、早速いろいろ調べてくれます。
まず、前日との比較でどれだけの電気を使ったのか?
大体7kwhだと判りました。
すると、このまま今月一杯使うと、7×30日=210kwhとなるではないか!

別の方法でも計算します。
Aさんが来た時、我が家では幾つかの部屋の電灯が点いているだけでした。
その状態で3A(アンペア)の使用でした。
うちは100V(ボルト)なので、
3×100=300w(ワット)=0.3kw(キロワット)の使用状態です。
もしこの状態をずっと続けるとなると、
0.3×24時間×30日=216kwh
つまり、同じような数値が出てきます。

実はその日は、ほぼ徹夜に近く朝まで仕事をしていたので、
ちょっと特例とも言えるのですが、
それにしても使用量が多いです。
今月分よりも格段に増えそうです。

ちなみに、漏電のチェックもしてくれましたが、問題ありませんでした。
もちろんメーターも壊れていませんでした。
「ということは、帰宅後の電気使用量が増えたというですか?」
「さぁ、お宅の暮らしそのものは分からないので何とも言えませんが・・・」
どうも、分かったような分からないような返答をするAさんですが、
要は私たちの暮らしに原因がありそうです。

ちなみに、こんな実験をしてもらいました。
我が家の電気は、二系統になっていますが、
このうち赤の線の方でこの時に3A流れていました。
一方、黒の線の方はほぼゼロでした。
つまり、灯りと待機電力は赤の線で使っているということです。
(電流計では2.99という数値が見えます。)
2何もしない時

そこで、トースターを動かしてみたところ、
黒の線の方で10.00に増えました。
つまり、10Aが流れているということです。
3トースター使用時

次に、洗濯機を回してみると、モーターが動いている時は、1.96A
4洗濯機稼動時

止まっている時は、0.18Aでした。
5洗濯機静止時

なお、写真は撮りませんでしたが、
掃除機を強にしてスイッチを入れると、10Aとなりました。
ということは、待機電力と幾つかの灯りで3Aとして、
+トースター(10A)+洗濯機(2A)+掃除機(10A)=25Aになります。
つまり、これらを同時に使ったとして25Aです。

うちはこれ以上、多く電気を使うものがないので、
現在契約している50Aというのは、
明らかに多すぎるということになります。

そこでこの機会に下げてもらうことにしました。
でもいきなり30Aというのは不安だったので、40Aにしてもらいました。
これで基本料金が300円ほど下がります。

あと、使用量について、
月に120kwh未満ならば、16円+αの単価で支払いますが、
それを越えて300kwhとなると、いきなり20年+αになるとか。
ならば是非とも120未満にしたいところです。
すると、電気料金3000円という線も見えてきます。

でも冒頭の計算だと、最近は使用量がグンと増えていることになります。
何故だろうか?と思案しているうちに、あるモノに気づきました。
酵素玄米の保存ジャーです。
こいつは24時間つけっぱなしなのです。
調べてみると、60wです。
ということは、一ヶ月で、
60w×24時間×30日=43200wh=43kwh!!!

お前か!電気を食っていたのは!
先日のクレジットカード請求といい、
本当に驚かされるヤツです。
単純に計算して、43×20円強=約900円
酵素玄米は美味しくて心と身体に良いけれど、
月々900円の余計な出費が増えることになりました。

これはこの先、相当な努力が必要になってきそうです。
電気の使い方について、根本的に考え直そうっと。
そして、太陽光発電についても真剣に考えようかな。

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ