普段何かとお世話になっているN氏から、
映画『恋空』のDVDをお借りして夜中に観ました。
この映画の監督さんはN氏の姪御さんで、
つまりお母さんは加子母出身の方ということです。

『恋空』は超話題の携帯小説が原作で、多くの感動を呼びましたが、
一方でその内容が「知識が浅く、矛盾だらけだ。」との指摘もあり、
「実話かどうか?」などと何かと話題が多い代物です。
私はそういうテーマに乗り込むつもりはありません。
ただ、映画を観て、我が人生を振り返っておりました。


私は今年47歳。来年は私の干支です。
あと2年少しで50歳(半世紀!)、
あと一回りで還暦を迎えるという、
若い頃には想像もしなかった年代に突入しつつあります。

そんな私が、先月、二人目の子を授かりました。
人生の後半にこんな物語が待っていたなんて、全く不思議です。
「長生きして良かったなぁ。」と、年寄り臭いことを考えてしまいます。

50年近くも生きていると、きっとどなたもそうでしょうが、
それなりにいろんな事がありました。
私はいろんな世界に首を突っ込んできたこともあり、
本当にいろんな事がありました。

そんな私の人生が、
今のようにとても充実した日が続くように変わったのは、
何と言ってもかみさんとの出会いから、だと思います。
先日、オレイユ別冊に紹介された記事を改めて読むに、
「あの時の出会いから、ここまで一気にコトが流れてきたなぁ。」
と感慨無量になります。

かみさんは一回り以上も離れていて、
よくぞこんな私と一緒になってくれたものです。
私が逆の立場だったら、ドン引きするだろうなぁ。
感謝を超えて、感心します。
でもそのお陰で、私たちは今、幸せな時を過ごせています。

愛する家族がいて、
生きる姿勢が同じ方向を見ていて、
空言(そらごと)ではない実現可能な夢があり、
多くの人とコトに支えられて、その夢が少しずつ実現していく過程を、
共に噛み締めながら歩いています。

いつも「お金と不安だけはないね。」と笑う日々です。
株を買う金もないので、
今回の金融危機は直接的には何の影響もありませんでした。
(いずれみんなの暮らしに影響してくるという意味では関係ありますが。)

「ありがたいなぁ。」って、心から思うことが最近多いです。
時折、感動で身体が震えることもあり、
傍から見ていると不気味かもしれませんが、本当にありがたいです。

映画を観たのは久しぶりですが、
こんな風に我が身を振り返り、ココロが広がるきっかけをもらえたことも、
これまたありがたいことです。
↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ