FC2ブログ
「来年春からお子さんを保育園に入れようとしている方は、
14日の説明会に是非ご参加ください。」ピンポンパンポン♪
ここ数日、同じ内容のアナウンスがずっと流れておりました。

「来年保育園予定って、まさにうちのこと?」
「そう。」
「ということは、この日に来いってこと?」
「そう。一緒に行ってくれる?」
ということで、家族一緒に行ってきました。

はっきり言いまして、私はその場で浮いておりました。
もちろん黒一点であります。きっと不思議がられたことでしょう。
そりゃ平日の午前中にノコノコ出てくるお父さんはいないわな。
しかもベビーラップでKAN太を抱いておりましたので、
少々目立っておりました。

「保育園に我が子を行かせるべきかどうか?」
実のところ、それほど義務的には考えておりません。
お金もかかるのですよ、毎月2万円ほど。結構バカになりません。
U太が卒園してからKAN太が続けて入園しますので、
6年続けて支払うことになります。
つまり、2万円×12ヶ月×6年間=144万円!

それに「そもそも行かせる意味があるのか?」と、
元々疑問に感じているところもあります。

でもとにかく「最初から子供の門戸を閉じることもあるまい。」
程度の認識で、今のところ行かせるつもりでおります。
それで実際に通うようになってから、もしU太が嫌だと言ったり、
方針が私たちとあまりに異なっていたら、喜んで行かせないつもりです。

かみさんも、
「『今日は天気が良くて遊びたいので休みます。』と言ってもいいよね?」
と言っております。全く同感。
ですから、保育園に通わせる親としてはかなり不真面目な親だと思います。

そんな私たちですが、一応説明会には夫婦揃って出向きました。
園長先生はじめ、皆さんの運営姿勢など聞けるかもと考えたから。
でも役場の担当者の方が、本当に事務的な連絡をされただけで、
とても拍子抜け。

その後は保育園の先輩たちと一緒に遊びました。
私はと言えば、「ほう、こんな田舎にこんなお母さんもいるのか。」と、
ブーツ姿に感心してパチリ。
1ブーツお母さん

やがて、加子母の体操らしきことを皆で踊って、
2踊る

七五三のお祝いをしていただき、
3七五三

買い物遊びなどして子供たちは過ごしていました。
6買い物遊び


U太は、想定通り最初はとても様子を伺い、
帰り間際になってようやくエンジンがかかってニコニコして遊んでいました。
U太ってば、笑うと結構愛嬌があって、周りを巻き込むんですよ。

例えばこれなども一つ。
いただきもののトレーナーを着て、
「さぁ、写真を撮ろうか?」と言った直後の写真がこれ。
4笑う前

「U太、笑ってみようか?」と声掛けした直後がこれ。
5笑った後

全然回りの気配が違います。
お前はそういう力を持っているのだよ。

ところで、「保育園の先生方がどんな考えを持って運営しているのか?」
と手ぐすね引いていた私たちは肩透かしだった訳ですが、
さてどうしようかね?
一応、あと一週間で募集を締め切るらしいから、
とにかく申し込んでおこうか。

何とも不思議な感覚がするのが、「ようやくこの歳になって、
こういう子供の成長過程を見る立場になったのだな。」というものです。
私もいかにも親らしい立場になってきたということか。

さぁ果たして来春、U太がどんな態度を示すかですが、
お互い心境の変化を楽しむことにしましょうかね。

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト